死神始めました

田中 凪

第65話 朝の運動

「朝か。久々に平和な朝だな。」
そう独り言を言いベッドから出る。さーて久々に朝稽古でもやりますか。朝食までまだあと数時間はあるのでその間にやってしまうか。前世では空手、柔道、剣道、居合道、合気道、弓道、レスリングの7つを習っていた。全て5、6年ほど休日を全て潰して行っていた。さらに朝早く起きてランニングや型の稽古、筋トレもやっていた。異世界こっちに来てからは忙しくなかなかできなかった。まあ、今日は時間もたっぷりあるから前世と同じようなメニューを行う。まずはランニングと筋トレからだな。30分走る。
「ハアハア、ま、まさかこれだけじ、持久力がお、落ちてるとはな。これからは、ま、毎日は、走るとしよう。」
その後筋トレや型の稽古も問題なく終わる。だが、まともにやってない分かなりの問題点が浮上した。あ、朝飯の時間だ。早く行こ〜っと。朝飯を食べたら、着替えをして闘技場へと向かう。今日はどんな試合が見れるかな。と、若干楽しみにしている。

「死神始めました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く