死神始めました

田中 凪

第63話 宿屋にて

つ、疲れた。そう思いながら俺は、王様が用意してくれた宿屋のベッドにたおれこむ。案外神様の仕事って辛いんだな。まだ何人?かでやっていたほうがはるかに効率が良くて仕事もやりやすかっただろうなぁ。てか、何で俺は選ばれたんだ?そのことを前にあった時に聞いたのだが、
『ま、まあ、そ、その内わかるさ。』
と言ってはぐらかされた。その時なぜか動揺していた。いったい何を隠しているのだろう?そんなことより、宿の外に誰かいるようだな。しかも向こうは武装して完全に俺を殺そうとしている。十中八九帝国の仕業だろう。とりあえずベッドから起き上がり、外へ出る。すると男たちが、
「おい。貴様が楠  浩太か?」
「そうだが?何か用か?」
「用ってほどでは無いんだがな。・・・死ね!」
「嫌だね。」
男たちは、いきなりり襲いかかってきた。が、相手がプロでは無いので攻撃は当たらない。
「クソッ。何であたらねぇんだ!」
「余計な力が入っているからだ!」
「くべへっ⁈」
はい一人目。あと五人か。こりゃ楽勝だな。そのまま敵の懐へ潜り込んで一人目と同様に倒していく。

1分後
そこには俺を襲った犯人たちが寝っ転がっていた。さーてお楽しみタイムといきますか。こうして真夜中のお楽しみタイムに突入した。ウヘヘヘ。どうやってごうもーーゲホンゲホン歓迎してやろうかな?楽しみだな。



「死神始めました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く