死神始めました

田中 凪

第55話 開会式と第一試合

あー長いな〜。ラグラインさん話長げーよ。早くしてくれよ。パッパとやって終わらせよーぜ。僕、こうゆうの苦手なんだよね〜。
「・・・であるので正々堂々と戦って欲しい。」
ふぅ。やっと終わったか。さーてこれから試合だ。まずは、
アルドマール=テヤロンVSサラナード=オーズワルの試合か。一応見とくか。
ちなみに、ルールとしては魔法もありらしい。殺さない程度なら何でもいいらしい。メチャクチャである。まあ何でもありならやりやすいからいいか。
アルドマールは魔法が得意で、サラナードも魔法が得意らしい。似た者同士のようだが、得意属性が違う。アルドマールは風属性、サラナードは雷属性。直接的な関係は無いが雷属性の方が優勢だろう。

「両者入場!!」
審判の声でアルドマールとサラナードが入場する。試合場の真ん中に来て握手を交わしすぐに距離をとる。
「試合開始!!」
その掛け声とともに二人は魔法の詠唱を始める。先に詠唱を終え放ったのはサラナードだ。
「ライトニングスピアー!!」
「そうくると思っていました!我を守れウィンドウォール!」
「その程度のことを考えていないと思ったか!」
そう言うやいなや、サラナードは短剣を抜き出し相手の懐へ潜り込む。速ッ!【ブースト】を使ってもあんな速度出ねーぞ!その理由は【神眼】を使ってわかった。彼は体に電気を流し常人の数十倍の速度になるようだ。これは勝負有りだな。
「⁈」
やっぱりアルドマールはこの動きを予想していなかったようだ。そのままサラナードは、アルドマールの背後に回りこみ切りつける。
「ぐぁっ?!」
切りつけられたアルドマールはそのままダウンした。あっけなく終わったな。
「そこまで!」
さーて次は僕の番だな。

「死神始めました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く