死神始めました

田中 凪

第50話 監視カメラ作り

僕は今、監視カメラを作成している。この世界では何か問題が起きれば町の自警団が駆けつける仕組みになっているが、どうしても証拠が足りない時があり確保出来なかったりするらしい。なのでどうにか監視カメラが出来ないものかと考えていたのである。・・・うーんいい案が出てこない。その時飛鳥が
「スマホのを応用してみれば?」
と言った。その手があった!!
「あーなるほど。その手があったか!」
「でも、スマホバラすのって結構大変だよ?」
「なーんにも分かってないなぁ。そこは、僕のスキル創造があるじゃぁないですか。」
「なんかムカつくわね。」
あははは。何のことだろなー。とにかくスキル創造を使いスキャンを作る。そしてスマホに使うと・・・あーなるほどそうなってるのか。その後カメラの部分はできた。後は大気中から魔力を得ることが出来るようにした。さらに映像も貯めることが出来るようにし、何も起きなかったら勝手に削除してくれる機能も作った。後は町のいたるところに取り付けるだけだ。

取り付けも終わったしテストでも問題は無かったのでこれで良いだろう。役に立つことを願おう。
て、言うか死神じゃなくなってる気が・・・そこは気にしたら負けだろう。そう自分に言い聞かせた。

「死神始めました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く