死神始めました

田中 凪

第46話 何回目かの世界会議

うーんやっぱりそうだったか。しかしアレはいったい誰なのだろう?そして何が目的なのだろう?
だが今はそんな事を考えていられない。なぜなら僕が各国の王様達に緊急招集をかけて集まってもらっているからである。
「浩太どのが用とはいったいなんのようじゃ?」
「実は僕の事について色々話そうかと思って。」
「「「ほう。」」」
「突然ですが皆さんは''異世界''というものをご存知でしょうか?」
「「「なんだそれ?」」」
ああ、まじか。そこから説明しないとか。
僕は異世界について軽く説明をする。
「しかしその話を持ちかけてきたはいいがそれと、浩太どのの正体にどう関係するのだ?」
「では、僕がその異世界からやってきた。と言ったらどうします?」
「「「?!」」」
どうやら頭がついて来れないらしい。だが僕は話を続けた。
まず戦車などの兵器についてである。次に格闘術などだ。最後にその世界には魔法がない事も言った。
各国の王様達は
「なるほど。浩太どのがなぜ規格外なのかがわかった。」
などの声が上がった。

「死神始めました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く