死神始めました

田中 凪

第42話 拷問?なにそれ、オイシイノ?

不吉だな〜全く。まあ負ける要素なんて一つもないけどね。あ、フラグ立った。フラグ回収乙にならなければ良いが・・・まあ大丈夫だろ。タイムストップもあるしね。あれ?これもフラグな気が・・・ま、まあ気にしたら負けだよね。そう思ってある作業を進める。拷問?そんなのするわけないじゃん。ただ捕まえたみんなに情報を吐いてもらって吐かない奴には、電気ビリビリして指の爪を一本一本はいであげてその後その人の恥づかしい記憶を暴露して、体を切り刻んで回復薬かけて・・・を情報を吐くまでやり続けるののどこが拷問なの?
そして、素直に吐いてくれたのは数百名のみ。その後は楽しい楽しい嫌がらせノオ時間だよ。グヘヘへ 黒い笑みが止まんねー。もちろん一人でやるのは大変なので分身を同じ数だけ出してやっていく。そこかしこから悲鳴が上がる。
「うわアァァァァァァダズゲデグレーーーー!!頼む情報を吐くから!」
一回で素直に吐いてくれた人がほとんどだ。最後まで残った人には、錆びたのこぎりで手首を切ったりもした。おかげで精神がおかしくなっている。
ヤベェなにこれ超楽しい☆  一度やったら絶対抜け出せない

「死神始めました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 時龍クロノス

    拷問なんかしたくない(嘘)

    1
  • 田中  凪

    コメントありがとうございます。まあ、基本的には常識(?)人ですが狂いますよ(^^)

    4
  • ショウ

    拷問やんけwしかも狂ってやがるw

    3
コメントを書く