死神始めました

田中 凪

第41話 戦争という名の蹂躙

あーたっのしー♪  え?今なにをしているかって?そりゃぁもちろん帝国軍と一人で戦っているところだよ♪あれから数日後もう帝国軍は僕の国の中に入っていた。もちろん、殺してないよ。だって後で回収するの面倒くさいんだもん。だから、麻痺毒を塗った小刀などで眠らしているのだ。ただ、厄介なのもいる。指揮官だ。(5人ほど)こいつらはそれなりに技術を持っているので、簡単にはやらせてくれない。まあ、タイムストップを使えば1発なんだけど、それじゃあ面白くないのでやめた。今は最後に残ったその指揮官達と戦っている。さすがは帝国軍といったところか。前に世界会議でやった人よりも圧倒的に強い。この指揮官一人で国連?に加盟している国の将軍10人を相手にできるだろう。
「チョコマカと動きおって!忌々しい!」
「じゃあ、楽にしてあげるよ。」
「グフッウ?!」
はいまず一人。楽勝楽勝。
「貴様よくも同志達を!」
「オメーらが先に仕掛けてきたんだろうが。」
「うるさい!黙って死んどけ!」
いや、僕死なないし。 
「もう面倒だから全員でかかってこい。」
そう言って挑発をする。
「クソッたれが!どうなっても知らんぞ!!」
「はっ、笑わせるな。お前らじゃ勝てっこねーんだよ!」
「エレキバインド!」
「くたばれ!ウォーターボム!」
「ギガスラッシュ!」
「ウィンドスラッシュ!」
あれ?こいつらの本気ってこんなもんなのか?弱すぎじゃね?僕は迫り来る魔法を避けて、斬り込んで行く。数秒後には、体が動かなくなるだろう。最後にこんな言葉を残していった。
「我らはまだまだ下っ端よ。俺たちよりも、強いのが帝国にはゴロゴロいる。そいつらが動き出したら貴様はおわりだ!」



「死神始めました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く