死神始めました

田中 凪

第40話 国としての稼働?

それにしても初日で1000人ほど来るとは思っていなかった。いろいろ、考えた方が良さそうだ。よくよく考えると、所々に町を作っていなかった。今から作るか。だっる作るのマジでだるい。あっ、そうだ最初に来た人達をワープで連れて行ってその後少しだけ封鎖して来た人たちにアンケートをしよう。そうすうすれば、いちいち面倒くさいことをしなくて済むじゃん。うん、そうしよう。まずはアンケートをとる。するとこんな感じになった。
商品を売りに行く者 約400人
ここに住んで店などを出す者 約700人

かなり移り住む人が多いようだ。仕方ない住みたい人は少し待ってもらって後の人は、それぞれの行きたい場所に送ってあげよう。

あー疲れた。ようやく終わった。町を10個も作るのは大変だな。とりあえず、宿屋などの旅をしていくにはないと困る物は全部用意した。だが今は、ほとんど人がいないのだ。ゴーレムに任せている店が多い。これから住み付く人も多いいだろうからゴーレム君達はすぐに使わなくて済むようになるだろう。
その後、国の法律、税金を集めるための戸籍作りをした。正直大変だった。700人もいるんだから。税は月収の10%にしておいた。そして、商品を購入する際にも5%の税金を払ってもらうようにした。ようやく国らしくなったかな。

「死神始めました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く