死神始めました

田中 凪

第37話 新たな仲間

「まずは帝国の戦力から話しておこう。陸軍が40万のうち歩兵20万、砲手が2万、見張りが1万、弓兵が2万、騎馬兵が10万、上位騎士4万、指揮官が1万だ。海軍は30万のうち砲手が15万、操舵士が5万、観測士が5万、弓兵が4万、指揮官が1万の合計70万もの大軍だ。その他にも俺のような密偵や、皇帝を守るための別働隊がいる。もっとも俺は下っ端だからあまり詳しくは知らねえ。あともう一つ。帝国には俺のようにちゃんと忠誠を誓っているやつは少ないぞ。」
「なるほど。じゃあそれだけでいいや。」
「!いいのか?!じゃあどうすっかな。もう、帝国にはいられないしなブツブツ。」
「だったらうちにいるか?」
「いいのか⁈じゃあそれで。いろいろ世話になるぜ。主人マスター
「おう」
こうして新しい仲間が加わった。あとでたっぷりしごいてあげよ。楽しみだなー♪
どこまで耐えられるだろうか?
こうして1日は終了したのだった。
あ、ついでにアレミトもしごこー♪

「死神始めました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く