死神始めました

田中 凪

第36話 拷問?しないよ

思ったより弱いな。先ほどから浅く切られる程度の攻撃しか飛んでこないな。これならやれる!そう思っているのは、ユーリナムである。そんな彼は対峙している相手が、手加減をしていることには気づかない。
「これで終わりだ!!半月切り!!」
自身の最高の技を出して相手を屠った。そう思ったのだが。
「おいおい、この程度じゃやられねーぜ」
「なっ、化け物め!次で仕留めてやる!」
「残念。もう君は動けない。浸食開始!」
「グァッ?!なっ、なんだ体が・・・う・ご・・かな・・い。」
こうしてユーリナムの意識は、闇の中へと消えていった。

なぜあのタイミングでアイツが動けなくなったかというと・・・なんでだっけ?忘れた。まあそこは置いといて、こいつの目が覚めたら拷問でもしよう。グヘヘ黒い笑みが止まらない。さてどんなことをしてやろう。

目が覚めるとある人物がいた。その手にはなにやら不気味な器具を持っている。俺は目の前の男がなにをしようとしているのかすぐにわかった。拷問だ。まづいこうなったら舌を噛んで死ななければ。なぜできない?どうなっていやがる?
「やあやあ、言っておくが死ねないよ。さて、聞きたいことが山ほどあるんだ。素直に言えばなにもしない。でも言わないのならば、キツイ拷問が待っているよ♪どっちを選ぶ?」
くっ、どうにもできないのか。ならあとはどうにでもなってしまえ!実をいうと帝国にはあまり忠誠がない。なぜなら皇帝が親を、村のみんなをなにも言わずに殺しやがったからな。俺の目の前で。
「では、正直に話そう。」
「そうかよかった。こっちも拷問とかはなるべくしたくないしね。」
彼がそういうと体が自由になった。
「では話そう・・・・・・・・・・」
こうして帝国について話すこととなった。

「死神始めました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く