死神始めました

田中 凪

第34話 国家?樹立

帰ったら寝よう。そう思っていたのだが、大事なことをしていなかった。そう。各国の王様達への報告である。いざベッドに入って寝ようとした時に思い出した。なんて、間が悪いのだろう。でも、朝も早いからなぁ。そうだ、タイムストップをかけたまま寝ればいっか。おやすみなさーい。・・・・・・・・・・あーよく寝た。さて行くか。ついでにコピーしたスマホを渡しておこう。コピーは、生き物以外ならなんでもできる(ゴーレムも可能)という便利能力である。おっと話がズレた。今ワープを使って迎えに行っている真最中である。大したおもてなしはできないが地球の料理を振る舞う予定でいる。・・・ようやくみんなが席に着いた。準備に2時間以上もかかるってどうなのだろうか。まあ朝も早いから仕方がないか。
「えーとですね。今日集まってもらったのは貿易路が完成したことを報告するためです。」
『本当か?!』
すごいな見事にシンクロした。
「ウソではありませんよ。なんなら見てみますか?」
『ぜひ!!』
「ではこちらへ。」
そう言って僕は締め切っていた窓のカーテンを開けると
「なんという早さだ。」
「あの約束から、まだ1日も経っていないというのに。」
「さすが、浩太どの。」
などの感想が上がった。そしてここから話し合いを始めるのだが、王様達は皆多忙だ。なのでタイムストップを使う。
「これで良いですか?」
「ああ、すごく良いぞ。!」
「ではこの国を国として我がホルン王国は認めよう。」
「我が国も」×19
「して国の名前はどうする?」
え?いきなりそんなこと言われてもな。
「うーん・・・それじゃあオルドリッジ公国で。」
「では、明日からでも、このルートを使えるか?」
「ええ良いですよ。皆さんも使いますよね?」
『もちろんだとも!』
おおう…こう何回も繰り返しシンクロすると少し引くよな。さて、その後はスマホの使い方を教えた。
「では僕が電話をかけます。」
プルルルルルル
誰か適当な人にかけてみる。
「な、な、な、なんだ?!」
クストイブァ王国のハースドーバァ王に電話がかかる。
「では、その緑色のボタンを押してください。それから・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
スマホの扱いかたを実践して教えること数十分。今ではかなり使いこなしている。その後唯一国連?に加盟していない帝国について教えてもらった。その軍事力は強大で今まで何十もの国が飲まれていったらしい。先ほど軍事力が強大と言ったが国連?に加盟している全ての国の軍隊を持ってしても敵うか否かと言ったほど強力らしい。まあ、向こうが動いたら僕のゴーレム軍団を総動員して叩き潰すけどな。
後日、各国ではオルドリッジ公国の樹立と国連?への加盟そして新たな貿易路の発表がされた。

「死神始めました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く