死神始めました

田中 凪

第18話ギルドにて

そろそろ稼がないとか。どんなクエストがあるか楽しみだ。・・・・・面倒なやつらに絡まれなきゃいいんだけどなぁ。そう思いながら、死神の仕事をしている。今日は、やけに多いいな。どっかで戦争でもあったんかな?普段は10万〜20万人前後なのだが今日は、60万人ほどいる。まあいっか。魂を回収するのが仕事だからな。あんまり、首を突っ込まないようにしよう。しかし、これを何百年何千年と続けるのか。つまらねー。死神をやっている間は、不老不死らしい。今度、誰かに首でもはねてもらおう。そんなことを考えてる間に仕事は終わった。帰ってゆっくり寝よう。・・・・・・・・・・・・朝・・か・・・・重い・・・こりゃいつものパターンだな。そう思って起き上がると・・・アレミトがいた。コレだけは、直して欲しいものだ。とりあえず放っておいて飯食いに行こう。しばらくしてから、アレミトも起きてきた。今日は、久々に二人でクエストを受けよう。と、言ったらアレミトのテンションが上がってしまった。ギルドへ行くと・・・なんか視線が、痛いんですけど。どうしてだ?そう考えながら、受け付けへ行くと、
「楠さんは、G-〜一気にS+までギルドランクが上がったので、かなり気が立っているみたいです。」
と教えてくれた。

「死神始めました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く