死神始めました

田中 凪

第15話武器作り

明日は武器でも作るか。そんなことを考えながら布団に入った。・・・・もちろん柵を付けて。またアレミトに乗っかられたら、どうしようもないからな。もう寝よう・・・・・・・・・・・・・・・朝になり起きてみると・・・体が重い。まさかっ。そう思い、見てみるとやっぱりいた。嘘だろ⁈柵の高さは3〜40cmぐらいあったんだぞ。寝相どんだけ、悪いんだよ。とりあえず、早めに起きてもらおう。・・・・・・・・・やっと起きた。1時間近くかかった。その後朝飯を食べながら、今日の予定を話し合った。結果個人で、好きなことをする。になった。
僕は、ギルドへと向かう。中に入るとすぐに受付へと向かい、ギルドカードを提出する。
「少々お待ちください。・・・・・・これで良いでしょうか。」
「はい。大丈夫です。」
そう言って、受け取った。
ギルドを出て、人気のないところへ行って、ワープを使い、オルリント大森林に行く。さて、はじめるか。
まずは、銃からかな。
スマホで、検索すると簡単に見つけた。
なるほど。・・・・・・・・試行錯誤を繰り返しようやくできた。後は、弾なんだけど火薬はどうしよう・・・自爆岩じばくいわでも使うか。この魔物は、体内の火薬と魔力を融合させて、爆発する珍しいタイプの魔物だ。これまた試行錯誤を繰り返し2〜3時間してできた。5時間で、一丁か良いペースなのかな?

「死神始めました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く