死神始めました

田中 凪

第13話緊急事態

さて、今日の夜は仕事も無いことだし。ゆっくり寝るとするか。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・朝起きるとそこには、沢山の魔物達がいた。なんだこれはっ?!いつも通りに僕の上で寝ていたアレミトを叩き起こし、町へ出た。町の人達は、避難したようだった。これなら大丈夫だな。
「アレミト行くぞ!」
「オッケー」
「ワープを使って、こいつらをオルリント大森林に持って行くぞ。」
「わかった」
「ワープ」
こうして町にいた魔物達を大森林へと運んだ。
「龍化、デスサイズ、魂狩り」
『デスブレスが使えます。』
「アレミト下がって!デスブレス!」
「わかった」
なんか口の中に、変なものが溜まった。変な感じ。 アレミトも下がったしさっさと吐き出そう。すると魂だけが、出てきて魔物達が動かなくなった。あとはその大量の魂を切って回収する。楽勝、楽勝!そしてその大量の魔物をアイテムボックスへとしまう。終了。今回襲って来た魔物達のなかには、素材となるものも含まれていた。これで、新しい武器ができる。ホクホクした顔で町へ戻ると、ギルドマスターさんがいた。

「死神始めました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く