死神始めました

田中 凪

第12話一人の時間

王様との話し合いも終わりサントランへと戻ってきた。それから、アレミトと別れてそれぞれのやりたいことをやる。ということになった。やっとできた、時間を使って、今更だけどスキルの能力の確認をしよう。ここは、やっぱオルリント大森林でしょ。あそこならいくら壊しても、大丈夫そうだし。(ワープ)
さてと、何から始めようかな?
そうだ。まずは、今どんなのが、あるかだな。
こうしてステータスを表示する。
楠 浩太
レベル40
年齢16
体力178500
攻撃力72000
魔力168000
防御力15000
持久力10000

全属性魔法
ファイヤーボール
ウォーターキャノン
エレキショック
グランドウォール
ウィンドカッター
アイスショット
ヒール
カース
バインディングブランチ

固有魔法
龍化
魂狩り
ワープ
タイムストップ
武器創造
魔法創造
スキル創造
幽霊化

スキル
全てを見通す魔眼
異世界語理解
錬金
調薬
ブースト
マップ
アイテムボックス
ヘルプ
カミナリまとい

持ち物
スマホ
デスサイズ
39800G
ヘビィーメタルスライム
オオカマキリ

スキル創造使ってカミナリ纏い系統のを作ろう。まずはこの前と同じように、刀にカミナリをまとわせる。よしっだいたいコツがつかめたな。これと、同じようにして、火、水、風、もやる。あまり使えなさそうだったので他の属性は、やらないことにした。もちろん試し切りもした。(魔物で )火をまとわせると燃え、水をまとわせると相手の動きが鈍くなり、風をまとわせると斬撃を、飛ばすことができた。
いいね。これは、使えそうだ。さて、次は・・・・どうしよう?
『じゃあ死神の、仕事すれば?』
うわっ?!びっくりした。それもアリか。
『そうすれば、今夜の仕事は、なくなるよ。』
じゃあそうしよう。
『頑張ってね〜』
こうして、約5万の魂を回収した。
終わった時間は、夕飯どきだった。

「死神始めました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く