死神始めました

田中 凪

第10話王都へ行く前に・・・

さて、明日の予定も決まったし寝るとするか。なんか忘れてるような・・・まっいっか。こうして布団に入ると
「なにをのんきに寝ているんだっ!!」
「うわっ、ビックリしたな〜 まったく何の用だよ。」
「君の仕事の説明を、するためさ。」
「ああ、そういやぁそうだった。忘れてた。」
「忘れんなよっ!! まあいいとりあえずこれ着て。」
そう言って持っていた黒い服をわたされる。
「なにこれ? 」
「死神の制服。」
あるんだ。とりあえず着替える。
なんかなぁ すごいぶかぶか
「ああ、言い忘れてたけど、手の甲にあるボタンで自分の体に、ぴったりになるよ。」
エヴァン○リオンのプラグ○ーツみたいだな。とりあえずやってみると、本当だ。こりゃいいや動きやすい。
「じゃああとは、デスサイズとこの書類の人の魂を狩ってきてね。あと、最後に一個だけ幽霊化も、絶対つかってね。」
「ハイハイ」
「じゃあまたね〜」
さてとさくさくっと終わらせますか。
・・・・・・・そんなことを思っていた自分を殴りたい。一晩で約十万の魂集めるとか辛すぎ。
あっ、タイムストップ使えばいいんだ。あと、五百だしがんばるか。そのあと、タイムストップを解除し忘れてねてしまった。起きて気がついた。あれ?なんで寝たときと起きたときの時間が同じなんだ?・・・あっ!しまった解除し忘れた。まあこれは、これでいいか。睡眠時間が減らないからな。( 解除)さてもういっかい寝るか。
朝、いやーよく寝た。僕が、起き上がろうとすると、重い・・・・マサかっ!顔だけ上げるとやっぱりアレミトが乗っていた。
こうなったら・・・( グラビティ)この部屋の重力に0にする。よしっ。抜け出せた。あとは、(解除)アレミトは二、三十センチの高さから落ちても起きなかった。どんだけだよ。若干呆れつつも、どうにか起こさなければ・・・・・そうだ!飯の匂いを嗅がせよう。多分起きる、、、はずだ。
案の定起きた。まだ寝ぼけているが・・・・まぁそれは、置いといて。
今日は王都へいかなければ。まあワープがあるから一瞬だけど。さて、どんな王様かなぁ〜楽しみだ。

「死神始めました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 田中  凪

    誤字報告ありがとうございます。何やってんだ過去の自分()

    1
  • ノベルバユーザー240181

    エヴァンゲリオンです

    2
コメントを書く