死神始めました

田中 凪

第7話トラブル

それから、服や薬草を買って夕飯を食べた。考えてみれば、この世界に来て初めての食事だ。どれも美味しかった。
さて、あとは寝るだけだが死神らしいことを、一つもやってないような・・・・
まあいっか。こうして意識を闇の中へとほうりだす。
・・・・・・・
『もう、あっちには慣れたかな?』
これは・・・  まさか目を開けると、そこには黒い龍がいた。
「!!」
『ああ、スマン驚かせたかな。まあそれは置いといて。今、君をここに呼んだの
は大事なものをあげていなかったからだ。もう追加はしたから。後でゆっくり見れば良い。最後に一つ明日から、死神として働いてもらうよ♪』
「はいはい。」
『じゃあね〜』


「うん?」
なんか重いそう思い目を開けると・・・
「ウワァァァァ!!!!」
なんでアレミトが乗ってるんだよ。
「フゥニャ?」
あ、目が覚めた。早くどいてくれ。
「っ!! なんで私のベットで寝てんのよ!!!!」
「それはこっちのセリフだ!」
「あっ、本当だ〜ゴメンゴメン。」
「とりあえずはやくどいて。」
「あっそっそそそそうだったね。」
寝相悪すぎだろ。
この後朝食を済ませて、ギルドへと向かった。

(ステータス)

楠  浩太
レベル5
年齢16
体力11500
攻撃力6000
魔力84000
防御力6000
持久力5000

全属性魔法
ファイヤーボール
ウォーターキャノン
エレキショック
グランドウォール
ウィンドカッター
アイスショット
ヒール
カース
バインディングブランチ

固有魔法
龍化
魂狩り
ワープ
タイムストップ
武器創造
魔法創造
スキル創造
幽霊化

スキル
全てを見通す魔眼
異世界語理解
錬金
調薬
ブースト
マップ
アイテムボックス
ヘルプ

持ち物
スマホ

デスサイズ
39600G

ギルドの前に着いた。今日は、どんなクエストを受けようかな。

「死神始めました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く