死神始めました

田中 凪

第4話パーティーでの初陣

「で、どうやってオルリント大森林まで行くの?」
「ああ。とりあえず町を出ようか。」
町を出てから『ワープ』を使う。
「うそっ!浩太って固有魔法使えるの⁈」
「うん。これだけじゃないよ。他にも何個か使えるよ。」
「うそっ⁈」
「なんでそんな、驚いてるんだ?」
「固有魔法使えるのって浩太入れて2人だけだよ。」
「へーそうだったんだ。まあとりあえず行こうか。」
「うっ、うんそうだね。」
門をくぐるといきなりサンダーウルフの群れがいた30匹ぐらいか。
『デスサイズ』
『魂狩りが発動しました。」
『タイムストップ』
僕とアレミト以外の時間が止まる。
「なにこれ⁈」
「僕の固有魔法の一つ『タイムストップ』だよ。」
「あの話は本当だったんだ。」
「嘘なんかついてないよ。まあアレミトは、そこで少し見てて。僕一人でやってくるから。」
「いっ、行ってらっしゃい・・・」
ブーストを使いサンダーウルフ30匹の魂を次々と切っていく。
『解除』
あっという間に終わった。
あんまり、これつかわないようにしよう。
サンダーウルフをアイテムボックスにしまって。『ワープ』で帰る。
『レベルが上がりました。』
でしょうね〜。確認は後にしよう。
ギルドへ依頼達成の報告をすると、受付の人の顔が真っ青になる。
「ギルドマスターへホウコクシテキマスシバラクオマチクダサイ」
かたことな、言葉と動作で上へ上がって行った。
しばらくしてギルドマスターの部屋へ呼ばれる。

「死神始めました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く