死神始めました

田中 凪

第3話冒険者登録そして初めての仲間

さてと、このさい、ワープ使ってみるか。
『ワープ』
いきなり町の中はまずいから少し離れたところで。おお、なんか門がでてきた。これをくぐるのかなんか目立つなぁ〜。まあいいや。
・・・ついた。ここがサントランか。
さて、ギルドはどこかな〜。
『マップ』
この通りの一番奥か。
・・・・・ギルド内
「すみませーん。冒険者登録しに来たんですけど。」
「冒険者登録ですね。少々お待ちください。」
しばらくすると、二枚の紙をもらった。一枚は、ギルドについての説明書もう一枚は契約書みたいなやつ。後のほうを出せばいいらしい。ぱっぱと済ませ提出する。するとカードをもらった。
ギルドについての説明書の内容は、
ギルドにはランクが上はS+下はG−の計24段階のランクに分かれている。
クエストはどんなものを、選んでも構わないが自分の力をしっかりと自分で見極めること。などだ

さっそくクエストへ行こう。
どれにしようかなぁと悩んでいると、獣人の女の子が声をかけてきた。
「ねえねえ、私たちでパーティー組まない?」
まじかよ。はぁどうしよう。
「なんで?」
「だっだってさ、私たち今さっき登録したばっかじゃん。だからパーティー組んで、一緒にクエストしたいなぁ〜って思って。」
「それなら他の人もいるだろ。」
「そっそれはそうだけど、年齢が同じぐらいの人がいないじゃん。だから声かけづらくて・・・」
上目遣いでこっちを見ないでくれ頼むから。そのケモノ耳としっぽは、はんそくだよ。
「わかった」
けっきょく僕の方が折れた。
「やったー!私はアレミト=ステファニンよろしくね。」
「楠  浩太だ」
こうして僕らは、パーティーを組むこととなった。
「浩太はどのクエスト行きたい?」
「ん〜これかな。」
と言って期限ギリギリのサンダーウルフ10匹の討伐依頼の紙を見せた。すると、
「浩太ってバカなの?」
と言われた。
「?なんで?」
「サンダーウルフはあのオルリント大森林に住む魔獣だよ⁈B+の、冒険者パーティー5人でようやく倒せるぐらいの強さなんだよ⁈」
「?だから?じゃあアレミトはついてこなくていいよ。」
「仕方ないなぁ。じゃあこのアレミト姉さんが付いて行って、あ、あげる。」
「足すごい震えてるよ。」
「そっ、そんなわ、訳ないでしょ。」
「んじゃこれの手続きしてくるわー」
その、クエスト用紙を持って行って受付の人に見せると、
「頭おかしいのでは?」
と言われた。最後に
「死んでもギルドは、一切責任を負いませんからね。」
とまで言われた。

「死神始めました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く