死神始めました

田中 凪

第2話初めての魔物との戦い。

さてとこれからどうすっかな〜とりあえず今いる場所を知りたいし『マップ』と、『マップ』を使おう。
『現在地は、オルリント大森林です。強力な、魔物が多くほとんどの人が入ろうとしません。』
電子音が流れた。・・・えっ?!今そんなヤバいとこにいるの?まあてっ痛っ!マップに集中しすぎた。
「グァァァァァァッ!!」
あっ、やば。
とりあえず魔眼発動

アイゼンベアー
レベル35
体力3500
攻撃力4500
魔力0
防御力3000
持久力4000
(ヘルプ)
アイゼンベアーの肉は柔らかく食べやすい。ただしかなりのお値段。

なるほど、じゃあなるべく傷つけないようにしないと。・・・・そもそも、どうやって戦うんだ?
『そこで頼れる死天竜さんの登場』
うわっ!ビックリしたなぁ〜。
『とりあえず、アイテムボックスからデスサイズを出して。それを、持つと魂狩りが発動するから。魂狩りは、相手の魂だけ取るから肉体はきずつけないよ。』
じゃあやってみるか。
『デスサイズ』
『魂狩りが発動しました。』
おっ、なんか見える。
『その白くぼやけているのが魂だよ。それをとられたものは、動かなくなる。さあデスサイズをふって魂を切っちゃえ!』
僕は言われたとおりやってみる。ほんとに動かなくなった。んじゃアイテムボックスにアイゼンベアーをしまってっと。
『レベルが、上がりました。』
やった〜とりあえず確認。
『ステータス』

楠  浩太
レベル2
年齢16
体力8900
攻撃力3500
魔力81000
防御力4000
持久力4500
全属性魔法
ファイアーボール
ウォーターキャノン
エレキショック
グランドウォール
ウィンドカッター
アイスショット
ヒール
カース

固有魔法
龍化
魂狩り
ワープ
タイムストップ
武器創造
魔法創造
スキル創造

スキル
全てを見通す魔眼
異世界語理解
錬金
調薬
ブースト
マップ
アイテムボックス
ヘルプ

持ち物
スマホ
デスサイズ
アイゼンベアー

さてと、これからどうしよう。『マップ』
ここから一番近いのはホルン王国のサントランか。じゃあそこで冒険者登録しておこう。

「死神始めました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く