死神始めました

田中 凪

第1話死神になっちゃった⁈

ーーーこっ、ここは?!
そう思い、この僕楠浩太くすのきこうた16歳は、あたりを見渡すと何かがここにきた。
「やっと目が覚めたかな?」
そう言ったのは、真っ黒な龍だった。
なっ、なんだなんだ⁈
「ふふふ。ビックリしているようだね〜。」
そりゃぁ家で寝てて起きたらこんなところにいたらな〜
「まぁ仕方ない、無理矢理連れてきたからな。」
「いっ、今なんて言った?そもそも誰だよ⁈」
「ああ紹介がまだだったな。我の名は死天竜。世界の全てを作ったものの一人だ。」
「はあっ?!なんでそんなんが僕に?!」
「率直に言おう。君に別の世界で死神となってもらう。言っとくが拒否権は、無い、決定事項だ。」
「っ!?それは 勝手すぎだろ!」
「仕方なかろうクジで当たったんだからな。

テキトーだなぁ。まっいいか面白そうだし。
「やりますよ。」
「そうか、君ならそう言うと思ったよ。ということで、君には特典を与えよう。内容は向こうに行ったらわかるよ♪  んじゃ行ってこい。」
その言葉と共に僕は光に包まれた。
ここが僕の新しい世界か。
まずは、ステータスの確認確認。まさか、心の中で唱えるのかな?やってみよう。
(ステータス)
おっ、出た出た。


〜楠浩太〜
年齢16
職業  死神

レベル1
体力7600
魔力80000
耐久力2000
攻撃力6000
持久力1000

魔法
全系統魔法
ファイアーボール
ウォーターキャノン
エレキショック
グランドウォール
ウィンドカッター
アイスショット
ヒール
カース

固有魔法
武器創造
龍化
魂狩り
ワープ
タイムストップ

スキル
全てを見通す魔眼
異世界語理解
錬金
調薬
ブースト
マップ
アイテムボックス
ヘルプ
刀術
柔術


持ち物
スマホ
デスサイズ


なるほどね〜あいつが言っていたことはこれか。しかし、強いのか弱いのか分からん。
まっいいか。
さて、そろそろ行くか。
こうして転生?した場所から新しい世界へ、足を運ぶ。

「死神始めました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー402458

    拒否はない じゃなくて 拒否権はない では?

    1
コメントを書く