日本円でダンジョン運営

sterl

守護竜の感傷

「やーいやーい、負けたのじゃー」

 流れるようにマルをからかうサン。

「うるさい。それとも、お前なら守護竜に勝てるって言うのか?」
「うっ、それは……のじゃ?」

 そして秒速でサンを論破するマル。

「勝てないくせにうるさいんだよ」
「でも、でもなのじゃ!次わらわが勝てば貴様より強いのじゃ!」
「ぐっ、大丈夫。こいつはきっと惨敗するさ」

 なんとも同レベルの言い合いだ。

「主の従者よ、アドゥルはどんな様子だ?」
「ワン!ワンワン!」
「……主よ、すまないが通訳をしてもらえぬか?」

 バルトはバルトで、ちゃんとアドゥルを心配していたようだ。戦いにしか興味が無い戦闘狂かと思った。

「かなり良くなってきているから1週間以内には目覚めるらしいぞ」
「そうか。それならよいのだ」

 バルトはベッドの上のアドゥルから目を離し、サンとマルを見た。

「……賑やかであるな」

 バルトは、遠い何かを見るように言った。

「日本円でダンジョン運営」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く