レジス儚記Ⅰ ~究極の代償《サクリファイス》~

すずろ

第四章 第九話「非難」

「で、ほかのみんなは?」

 魔女を残し、闘技場から出る二人。

「学生は寮でなんとか暮らしてますよっ。病気になっちゃってる子もいますけど……」
「病気って、大丈夫なの? アメリアは?」
「ありがとうございます、でも私は平気ですよっ! 治癒魔法が使えるから看護する側なんですっ」
「あいかわらず優しいなあ」
「でも寂しかったですっ……」

 陽太に抱きつくアメリア。
 発育途中のかわいい胸が、ちょうど顔に当たる。

「いや、あは、うへへ」

 ――ガブッ!

「痛って!」
「ココちゃん!? 陽太様は味方ですよっ!?」
「だってだって、今ご主人様のことエッチな目で見てたんだにゃ!」
「猫が喋った!」
「トラにゃ!」

 召喚獣、ココ。
 アメリアを守るために召喚された魔獣である。
 陽太はアメリアから事情を聞く。
 叔母さんが捕らえられてしまったことや、魔本を使ってココを呼び出したこと、この二週間の出来事を。

「で、どうしてアメリアは闘技場なんかにいたんだい?」
「きっと陽太様が助けに来てくれると信じて……時間があれば陽太様が消えたこの闘技場にいつも来てたんです……」

 ――そっかあ、なんていじらしいんだ。
 ほんとに優しい子だよ。
 世界がどうなろうと、この子を悲しませたくない。
 今はそれだけが俺の生きる理由だ――

「それじゃあ、みんなのところへ行こう。今なら、みんなを元の世界へ戻せるんだ」
「さすが陽太様……頼もしいですっ……!」
「や、もともと俺のせいだからね。……それに帝都自体は戻せないんだ」
「そうなんですか……とにかく叔母さんを……地下牢に連れて行かれた叔母さんをお願――」

 話の途中でアメリアは突然その場に崩れ落ちた。
 抱きかかえる陽太。

「アメリア! 大丈夫!?」
「ご主人様!?」

 意識を失うアメリア。
 陽太はアメリアをおぶり、学生寮へと向かった。
 心配そうに見上げながら魔トラのココも付いてくる。

「陽太てめえ、ご主人様に手出したらぶっ殺すからにゃ!」
「ちょ、キャラ違くない!?」
「ココのご主人様はアメリアちゃんだけだにゃん」

 これでも一応メスである。


 寮にはアメリアの言っていた通り、まだ学生たちが住んでいた。
 玄関へとたどり着く陽太たち。
 すると彼らは陽太の顔を見るなり怯え出した。

「お前は……!」
「ひっ、魔女の仲間だ!」
「くっ、来るな!」

 あわてて否定する陽太。

「違うんだ! 俺は何もしねーよ! てかそんな力、ないから!」
「うそつけ! 人族のくせに!」

 陽太が人族であることや、魔女が陽太を探しに帝都へきていたことなど、いろいろとバレてしまっているようだ。
 誤解されても仕方がない。

「幽世に転移させられたのも、お前の仕業らしいじゃねーか! よくもぬけぬけとその面を出せたな!」
「それは……本当にごめん」
「出ていけ!」

 確かにこの度の転移事件、犯人は陽太であることに間違いはない。
 何と言われても反論できない。

「わかった……とりあえず、この子をお願いします。俺は出て行くから」

 アメリアをそっと降ろし、玄関に横たわらせる。
 すると中等部らしき女子生徒が駆け寄ってきた。

「アメリアちゃん! 大丈夫!?」
「てか、近づいたら危ないんじゃないの!? やっぱりアメリアさんも魔女の仲間なんじゃ……」
「でも私、一応ルームメイトだし……」
「どうか、お願いします」

 深く頭を下げる陽太。
 そして女子生徒たちは無言のままアメリアを抱え、自室へと運んでいく。
 そこへ横から見ていた男子生徒が、陽太に向かって話しかけてきた。

「あの子、ずっとお前人族の味方してるせいでいじめられてたぞ。治癒魔法が役に立つからここに居させてやったけど、正直ウザかったぜ」
「アメリアがですか……?」
「そうそう、黙ってりゃよかったのに、馬鹿な子だよ」
「俺のせいで……」
「ま、天族は単細胞ばっかりって聞くしな。良いのは顔と体だけ、なんてな! あはは」

 ――ガコン!
 陽太は男子生徒の顔を殴った。

「痛っ! 何すんだテメエ!」
「俺のことはいい。なんとでも言え。だけどアメリアのこと……天族のこと悪く言ったら、許さねえから」
「おお! 陽太、よくやったにゃ! えらいえらい!」

 ココは小躍りしながら陽太を褒めた後、男子生徒を睨む。

「喧嘩なら買うにゃ」
「……ふんっ! 勝手にしろ!」

 こうして陽太はアメリアを寮に預け、城へ向かった。
 ココはアメリアを守るため、寮に残る。
 城へ向かうのは、叔母さんを連れ戻すためだ。
 地下牢に幽閉されていると聞いている。

「レジス儚記Ⅰ ~究極の代償《サクリファイス》~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く