レジス儚記Ⅰ ~究極の代償《サクリファイス》~

すずろ

第四章 第二話「粒」

「生まれてくるヒナまで巻き込んじゃって、悪いことしたな……」

 陽太の頭上から、自分で発生させた激流が降ってくる。
 傍にはまだ完全にかえっていない不死鳥の卵もある。

 もうだめかと思ったその瞬間――

 ゴゴゴと地面が揺れ出した。

「わわっ」

 立っているのも不安定になり、しゃがみ込んで卵に寄りかかる陽太。
 そこへ女の声が聞こえてきた。

「……偉大なる大地の女神よ、我は汝と契約を結ぶものなり。その息吹をもって樹嶽じゅたけ統馭とうぎょし給え――」

 その声は谷中に木霊し、響き渡る。

「詠唱か!?」

 すると陽太のいる場所に突如、橙色の魔法陣が出現。
 陽太の足元は盛り上がり、太い柱が出てきたのだ。
 先っちょはキノコのように盛り上がり、傘のように変化していく。
 それとともに、陽太を乗せてどんどん膨れ上がっていく地面。
 空に向かって。
 まるでエレベーターのように、ずんずんと谷底から持ち上げられていく。

「なんだ!? なんだ!?」

 寄りかかっている卵を見ると、振動でか、孵化が近いからか、ヒビ割れも大きくなっている。
 そこから卵の中に入る陽太。

「すみません、お邪魔します!」

 外にいるより不死鳥に食べられたほうがマシだと考えたのだ。
 そうこうしている間に、ついには頭上からの激流と衝突する。

 ――バッシャーン!

 しかし、キノコ岩のおかげで、しっかりと傘が防いでくれている。
 谷の中心から突き出てきた奇妙なキノコ岩は、そのまま水を弾きながら、ずんずんと天に向かって伸びていく。
 谷底にいたはずの陽太は、気が付くと周囲一面どこよりも高い場所にいた。
 遠くに竜族の城まで見える。


「おーい! 陽太ー!!」

 下の方からハリルの声が聞こえた。
 見下ろすと谷の入り口にハリルとルナディがいるようだ。
 それにあの竜族もいる。
 陽太を谷底へ突き落したのは、あの竜族の側近だった。
 それは間違いない。
 顔をしっかりと見たから。
 ハリルたちはそれをわかっているのだろうか。
 それともハリル自身が……
 いや、そんなはずはない。
 そんなはず、あってほしくない。
 純粋な小学生だ。
 特にハリルに限って、そんな邪心も演技力も持ち合わせていないだろう。
 だが、竜族は信じられなくなったな。
 それより今この状況はなんだ。
 ――いったい俺はどうして助かったんだ。

 そこへ、陽太の頭上から声がした。
 先ほどの女の声だ。

「こんなところにいんしたかえ。醜い人族の子や」

 聞き覚えのある声とその廓言葉に慌てて上を覗く。

「ま……魔女!!」

 そこには銀髪和服の魔女が、鎌に乗って宙に浮いていた。
 ふわふわと陽太のもとへ近づいてくる。

「危なかったのう」
「な……」

 突然の再会に言葉を失う陽太。
 まさかこの魔女が助けてくれたのか?
 そんなバカな。
 でもさっき聞こえた詠唱と、この地面の変化。
 やはりそうなのか?

「いっそ死んでくれても良かったけどの」
「……」

 目を細めながら横目で陽太を見る魔女。

 しかし見れば見るほど美しい女である。
 太陽に照らされた銀髪がキラキラと輝き、魔女をさらに妖艶に映した。
 見惚れている陽太に向かって魔女は言う。

「こっちを見ないでくりゃれ。キモい、吐きそう」
「ちょ、酷くないっすか!?」

 いきなりの罵倒に戸惑う陽太。

「ぬしの目……」
「なんすか……?」
「……死んだ魚のようでありんす。くっさ」
「匂いまである!?」

 怒涛の罵倒だ。
 Mな男なら喜ぶところだろうが、陽太はノーマルであるので少しイラっとする。
 本当に直視してくれないところが、JKに罵倒されるオッサンのようで悲しい。

「言っておきんすが、わっちは人族が嫌いでありんす」
「はあ」

 知らんがな、と思いながらも、ここまでの嫌悪の眼差しを向けられたことは今までにない陽太。
 何か酷い目にあったんだろうか、そう悲哀の念が浮かぶ。


「さて……お前、陽太かゴミ太か知らないでありんすが――」
「それ全然違うよね!?」

 『ぬし』から『お前』に代わってるし。
 格下げか。

「わっちの気に障ることをするなら、いつでも殺して差し上げなんす」
「ひっ……」
「星霜の途絶、その強大さはわかっておりんしょう」
「ああ……」

 そして魔女はハリルたちの方、正確にはハリルの側近の方を向き、言い放つ。

「それと……そこの竜族よ、こやつに対する殺気がバレバレでありんすえ」
「……」
「俺への殺気……」

 魔女は気付いてくれたのか。
 陽太を殺そうとした竜族。

「そ、そんなことは……」
「すまん陽太! こんなことになるとは! つか、どうゆうことだよ!」
「殿下……」
「ハリル! 俺は大丈夫だ! とにかく一度話がしたい! そこのあんたも含めてな!」
「……」

 口を閉ざし目を逸らす側近。
 魔女が口を挟む。

「何をおっせえす。それは叶わんことじゃ」
「えっ、どうして?」
「お前はわっちが連れていきんす。ここにとどまるすべはありんせん」
「へ?」
はお前じゃ。むしろ屁のカスの粒」
「粒子レベルの罵倒!!」

 陽太の突っ込みが聞こえているや否や、魔女は手のひらを陽太に向け、詠唱を始める。
 すると陽太のいる場所を包むような結界が出現し、突き出た地面の先っちょごと柱から切り離された。

「陽太!」
「うおっ、拉致られる」
「陽たーん!」
「ああ……みんな元気で……ドナドナドーナ……」

 ハリルたちを残し、キノコ岩ごと連れていかれる陽太であった。

「レジス儚記Ⅰ ~究極の代償《サクリファイス》~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く