レジス儚記Ⅰ ~究極の代償《サクリファイス》~

すずろ

第一章 第八話「お得意の」 ※挿絵有

 そして旅立ちの日を迎える。
 手首に描かれている詩歌も解読してもらい、とりあえず正式に時属性最上級魔法の使い手となった陽太。
 他の最上級魔法や、この世界のことを知るために王都へと向かうのだ。
 王都へはこの街から南へ、徒歩でがけのある場所まで下り、そこからアメリア父が翼で飛んで運んでくれるそうな。
 子供ぐらい抱いたままでも、軽く運べるからねと。


「ここ数か月、本当に良くしてくださって、ありがとうございました。御恩は一生忘れません」
「なんですかそんな。今生こんじょうの別れではないんですよ。あなたはもう私たちの息子同然、いつでも帰ってきてください」

 アメリアのお母さんが優しい言葉をくれ、少し泣きそうになる。
 第二の実家が出来たって感じだ。
 お世話になった街の人たちにも別れを告げる。
 たった数か月、されど数か月。
 普通じゃ味わえない生活、共に過ごした日々を忘れない。
 そして誰より、アメリアに対して感謝を告げたい。
 ――彼女がいたから俺はここにいる。
 ――彼女がいたから俺は旅立つことができる。
 ――彼女のおかげで、強くなりたいって思えることができたんだ。

「アメリア……本当に、ありがとう……」
「いーえっ。とんでもないですよっ。こちらこそです」
「君を守れる強さを、身につけてくるよ……」

 瞳に涙を溜めながらアメリアと握手を交わす。
 涙をこぼすまいと、必死で空を見上げる陽太。
 出逢った時のような、抜けるような青空だ。

「ずっと……忘れないから」

 アメリアもつられて涙ぐむ。
 ――君に教えてもらった言葉や、作ってくれた料理の味、その屈託くったくのない笑顔と優しさ……ずっと忘れない。

「はいっ。これからも一緒に学校でいっぱい勉強しましょうねっ」
「うんうん……これからも一緒に………………一緒に学校?」
「では、お母様。お体に気を付けて」

 母親に別れを告げるアメリア。

「ちょ」
「ええ、あなたも。しっかり陽太様を守ってあげるのよ」

 抱き合う母と娘。

「は?」
「では陽太君。次帰ってきたら、お父さんと呼んでもらおうか。なんてな」

 目を潤ませながら笑い、陽太に握手を求める父。

「……って、アメリアも行くの!?」
「あれ? 言ってなかったかい? ちょうどこの春からアメリアもそこの中等部に入学するんだ」
「聞いてないっすー!! 俺はもう会えなくなるかと思って、昨日は眠れぬ夜を過ごしたのに!!」
「陽太様ったら……そんなに私のことを……えへへ」
「返して! 俺の涙を返してー!」

 こうして二人は【ハーリオン】の街を旅立ったのだった。



 陽太とアメリア、そしてアメリアの父は、一路いちろ帝都を目指す。
 南の崖とやらまで徒歩だ。
 といっても、緩やかな下り坂がずっと続いているだけなので、少し大きめの荷物を背負ったピクニック気分って感じである。



 ――小一時間ほど歩いただろうか。

「ほら、もうすぐ崖が見えてくるよ」

 と、アメリア父が言った矢先に、あたりは白いモヤに包まれ出した。
 陽太たちの体が湿ってくる。

「すごい霧ですね……」
「ああ、これは雲だよ」
「は?」

 雲?
 雲というと、あのお空に浮かんでいる……
 いやいや、おかしいでしょ。
 地面に出てるんだから、霧でしょう。
 すると、アメリアが何かを見つけたのか、急に走り出した。

「陽太様っ、ほら、帝都が見えますよっ」
「あっ、待って」
「おいおい、崖になってるから危ないぞ。二人とも手を繋いでなさい」

 父の言葉に、アメリアはしぶしぶと戻ってくる。

「はーいっ。でも下界に降りるのは初めてなので、すごく楽しみなんですっ」
「……ちょっ、今、なんて言った? 下界に降りるだって!?」
「あれ? 言ってなかったかい?」

 出たよ、天族お得意のスキル【天然ボケ】が。
 ある意味最上級だよ。

「ここハーリオンはね、空に浮かぶ島なのだ」
「またまた聞いてないっす!!」

 ――天空に近いところに住んでるって、そう言う意味だったのか。

「天族が住んでいる島は、他にも世界中に点在しておるぞ」
「マジっすか! 俺は異世界に来て、まだ地上にすら立ってなかったんだ……」

 ガクンと脱力する陽太。
 世界は広い。
 驚きの連続だ。

「陽太様っ、こっちです、こっちですっ!」
「ちょ」

 アメリアに手を引かれ、島の端っこに立つ二人。
 すると……目下には、海、山、遠く広がる大地。
 そして気まぐれに流れる雲。

 「素敵な眺め……ですっ」

 ――どおりで街では毎日、雲ひとつない晴天続きだったわけだ。
 何せ雲より上にいた訳だから……
 見渡すと地平線に水平線、それがこの星の丸さを感じさせる。
 吹き上げてくる風にあおられ、なびくアメリアの髪。
 緊張と期待で胸のドキドキが高まる陽太。

「す、すげえ……」

 ほんと、世界は広い。
 感動の連続だ。
 天から地上を見下ろす景色、その壮大さに陽太は、ただただ圧倒されていた――

<a href="//19210.mitemin.net/i213014/" target="_blank"><img src="//19210.mitemin.net/userpageimage/viewimagebig/icode/i213014/" alt="挿絵(By みてみん)" border="0"></a>

「レジス儚記Ⅰ ~究極の代償《サクリファイス》~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く