レジス儚記Ⅰ ~究極の代償《サクリファイス》~

すずろ

第一章 第五話「ご両親」

 キスで目覚めた少女。
 そして動き出した世界。

 こうして二人は、天族の街【ハーリオン】に着く。
 一度は訪れた街だが、時間が止まっていた時と比べて、段違いににぎやかに見える。
 入り口へ近づくと、大勢の天族が出迎えてくれた。
 天族たちは口々に話しかけてくる。

「◎△$♪×¥●&%#?!」
「おや……?」
「◎※□△$♪#△×!」
「相変わらず、何言ってんのかわかんねえ……」

 アメリアと同じ種族の者たちが陽太を取り囲む。
 しかし言語のわからない陽太の頭には、クエッチョンマークがいっぱい浮かんでいた。

「ふむ……まぁ、笑顔で喜んでいる様だから、せいぜいドラゴン退治の礼でも言ってるんだろう。通訳してくれ、アメリア」
「はいっ! ええと……『異世界人、パンツ一丁とかw テラワロスwww』 ですって」
「おい!」
「なんか、ごめんなさいです……」
「つか、なんでアメリアとは普通に会話できるんだろ?」
「おそらく、魔法で魂を分け与えてもらったので、その影響じゃないでしょうか」
「ちっ、言語は結局自分で勉強しやがれってか。その辺もっと都合よく出来ていて欲しかったなあ」

 とりあえず陽太はアメリアに頼む。

「通訳、よろしこ」
「ふふ、喜んでっ」

 頼られた嬉しさからか、ニッコリと微笑むアメリア。
 中学生ぐらいにしてはどこか気品のある笑顔に、陽太は見とれた。
 ――まるで天使だな。
 天族だからそもそも、天使みたいなもんなんだろうけど。


 他の天族たちは、各々、建物などの復興作業に取り掛かっていた。
 翼で宙に浮けるぶん、屋根の修理なども早そうだ。
 そして陽太はアメリアに連れられ、領主の家へと向かった。
 小さな街だから、中心部に辿り着くのは、そう時間がかからない。
 他の民家より一回りほど大きな、赤い屋根の領主邸が見えてくる。
 とはいえ、そんなに金持ち感を醸し出しているわけではない建物だ。
 想像と違う。

「意外と質素だね」
「そうですかっ? まあ、領主邸といっても、会合をするための部屋が余分にあるぐらいで、他の民家とあまり変わりありませんからっ」

 陽太の知るRPGな領主といえば、民衆から税金をむしり取り、国王に媚びへつらう、そんなイメージだったから。
 ちなみに通ってきた街並みを見る限りでは、田舎街って感じだった。
 区画整理されている様子はなく、点在する畑と家畜らしき鳥の声。
 それがまた、元の世界の喧騒を忘れさせてくれるようで、陽太の胸を高鳴らせるのだが。

 領主邸に着き、ノックも無しに玄関のドアノブを回すアメリア。

「ただいまーっ!」
「……ってアメリア、やっぱり領主の娘だったか!」
「あれ? 言ってませんでしたっけ?」
「まあ流れ的に、そんな予感はしていたけれども」

 すると中からアメリアの母親らしき、スレンダーな美女が現れた。

「アメリア!!」

 彼女は、悲鳴のような声でアメリアの名を叫び、駆け寄ってきた。
 言語の通じない陽太には名前ぐらいしか聞き取れないのだが。
 その後ろからは、小太りな男性も現れた。

「アメリアなのか!」
「お母様……お父様……」
「ううっ……」

 涙を流しながら膝をつき、アメリアを抱きしめる母親。
 アメリアより少し濃い薄紅色の髪と、整ったそっくりな顔立ち。
 父親と思われる小柄で太った男性が怒声どせいを上げる。

「アメリア! 人族召喚に行ったと聞いて、母さんがどんなにショックを受けていたか……!」
「申し訳ありませんっ……」
「いいのよ……あなた。こうして帰ってきてくれたんだもの……」
「まったく! もう母さんを心配させるようなことはしないでくれ……とにかく、無事でよかった……」
「おっぱい!」

 言語が分からない陽太はひとり蚊帳の外だったので、とりあえず素敵ワードを唱えて遊んでいたが、その後アメリアが事情の説明を両親にしてくれた。
 召喚して一度は死んだこと、召喚自体はうまくいって陽太がドラゴンを退治したこと、そして【分魂魔法】とやらで生き返ったこと。
 それを聞いた両親は、目を白黒させながら悲鳴を上げる。

「なんですってー!?」

 まあ当然の反応であろう。
 分魂魔法……それすなわち、キス。
 十歳そこそこの男児相手だとはいえ、自分の娘の唇がどこの馬の骨かも知らない奴に奪われたとなれば、両親も黙っていないはずがない。

「わ、わ、わしの……む、む、むすめを……!!」
「や、あの、知らなかったってゆーか……ほんとすみません……」

 凄い剣幕で陽太に近づいてくる親父さん。

「娘を……」
「ひいっ!」
「娘をよろしく頼んだぞ! 今夜は婚姻こんいんうたげじゃ!!」

「……は?」

「レジス儚記Ⅰ ~究極の代償《サクリファイス》~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く