レジス儚記Ⅰ ~究極の代償《サクリファイス》~

すずろ

序章【人族の召喚】

 ――――目覚めた陽太ようたは、眩しさに目を細めた。

 眼前に広がる、抜けるような青い空。
 陽太はむくっと起き上がり、辺りを見回す。
 海のように広がる草原。
 眼鏡をしてない今でも、何度見ても自分の部屋じゃないと分かる。

「……石?」

 ひんやりと冷たい、石でできた台座。
 その上に乗るTシャツ短パン姿の陽太。
 周囲には台座を囲むように、等間隔で松明たいまつのようなものが焚かれている。

「異世界召喚……マジなのか」

 明らかに儀式的なその場所から、陽太は状況を把握しようと務める。

 ――確かに異世界には憧れていたけど。
 絵本の世界に憧れた幼少時代。
 ゲームの世界に憧れた少年時代。
 だがそんな夢も覚めて、陽太はもう社会人だった。
 ――こんなおっさんに、今さら何だってゆーんだよ。
 陽太はふと台座の足元に目をやる。

「……!」

 そこには少女が倒れているではないか。
 焦って台座から飛び降りる陽太。

「ちょ、大丈夫!?」

 見た目、中学生ぐらいだろうか。
 幼い中にも清楚な女性らしさを漂わせている体つき。
 長く、薄ピンク色の髪をした少女。
 そして異世界召喚の事実を、確定的にするモノが背中についている。
 手のひらサイズの、小さな白い翼だ。
 ――天使とでもいうのだろうか。
 ――まるでRPGだな。
 肩を揺するも、ぴくりとも動かない。
 陽太は恐る恐る少女の口元に手を当てた。

「息……してない」

 手首の脈も確認するが、拍動はない。

 異世界へ召喚された男が初めて出逢った少女は――――


 死んでいた。

「レジス儚記Ⅰ ~究極の代償《サクリファイス》~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く