気分屋文庫

有賀尋

風の末裔が選ぶ道-story1-

初夏の風に吹かれて少し長く伸びた芝は、緑の波になりうねっている。

年中風が途絶えることの無いこの街は通称「風読み神の住む街」と呼ばれていた。

それももう何百年も前の話だ。

今では新しい家が増え、たくさんの人が住みついた。

風の匂いは排気ガスの匂いに変わってしまったし、ニュータウンとして開発が進んでいる。
変わらないのは、年がら年中吹く風と古い風車と城くらいだ。

その街の一際高い丘の上、昔から伝わる「風読民かぜよみのたみの丘」と呼ばれる場所に風車と洋城が建っている。

昔その場所は、『風読民』が住んでいた丘で、風を読み、王に仕え栄えた。

風読人は若草色の双眸に、月光のような白銀の髪、スラリと高身長で手足が長い。

その容姿もあってかどこに行っても目立ってしまう。

だが、数々の戦いで散り散りになり、更には「読人よみびと狩り」まで起きたことによりたくさんの風読民が命を落とした。

そんな中でも、風読民に仕え続けた一族の元に、風読民の家族も家柄も違う幼なじみの少年少女がいた。

まだ小さかった2人を連れ、主の命令に従い、逃げ回った。

泣き叫ぶ幼子2人を連れ、どこまでも遠くへ、時には洞窟に身を潜め、時に森の中に姿を隠した。

そして、何十年も経ち、少年少女も大人になり、結ばれ、子供を授かった。

言い継がれてきた遺言を元に、数年前ここに戻ってきたのだ。

今年で16になる風間颯太かざまふうたは窓から入ってくる風に違和感を覚えた。

「……怪しい」

いつにもなく風がざわついている。
こんな日こそ何もしない方がいい。
が、生憎予定がある。

はぁ、とため息をつく。

「失礼します」

颯太を守ってきた一族の叶瀬勇翔かなせゆうとが部屋にやってきた。

「颯太様、早くなさらないと遅刻なさいますよ」
「様付けすんなって言ってるじゃん?俺ら同い年っしょ。幼なじみみたいなもんだしさ、もーちょい気楽に…」
「いいえ、私は一族の掟に従わなければなりません。口伝遺言として受け継がれていますので」
「頭かってぇなー」

颯太と勇翔は同い年。

だけど、颯太の事は「様付け」で呼ぶ。

一族の掟なのだそうだ。

もう何百年も昔の事なのに、守り続けている。 

開け放した窓から風が吹き抜けた。

あぁ、嫌な予感。胸騒ぎがする。

颯太は風が騒いでいる事に違和感を隠せずにはいられなかった。

「…なにやら今日は風が騒ぎますね」
「分かる?」

もちろんです、と勇翔は言った。

「私だって一応風読民ですので」
「知ってるよ」
「…嫌な予感がします」

勇翔は窓を目を細めて見ながら言った。

「…奇遇だな、俺も同じ事を思ってた」

颯太も勇翔と同じ方を見て呟いた。

しゃーねーな、と颯太はカーペットを床から剥ぎ取った。

カーペットの下からは赤黒い魔法陣が現れた。

その魔法陣に向けて、颯太は呪文を唱えた。

『我、風読人として我が目前に出ことを命ずる。…いでよ、ボレアス、ノトス、エウロス、ゼピュロス!』

風読民の力が色濃く受け継ぐ颯太は風神召喚ができる。

勇翔は風を読む力はあるものの、颯太ほど色濃くは受け継がれなかった。
呼ぼうと思えば呼べる。

だが、颯太がそれをさせなかった。

風神を召喚するには対価と耐えられる力が必要となる。

風神を召喚するための対価は『風読人の血で描かれた魔法陣での召喚』だった。

勇翔には召喚に耐えられる力がなかった。

それなりの大きさの魔法陣は、颯太の血で描かれたものだ。

今でも貧血で倒れることがある。

何かあった時に伝令となれるように、勇翔は常に一緒にいるのだ。

呪文に応えるように魔法陣が光り、竜巻が起こる。

本棚の本は、竜巻で床に散らばり、家具もところどころに倒れた。

魔法陣の中からは、4人の風神が現れた。

『呼んだか、風読民よ』

腹の底に響く重さのある声でボレアスが一番に口を開いた。

「おー、いつもいつも悪いねぇ」
「颯太様…!」

勇翔が軽い颯太を叱る。
それをノトス、エウロス、ゼピュロスが宥めた。

『まぁまぁ、いつもの事だ、気にすることなかろう』
『これでこそ颯太様ですから』
『僕らは無駄に気を使わなくて楽だし』

勇翔はため息をついた。

「皆様は風神なのですよ!」

勇翔が風神を叱る。

異様な光景ではあるが、ここでは、日常茶飯事。

『構わん。わしらもこれで良いのだ』
「ボレアス!あなたまで…!」

どーどー、とゼピュロスが勇翔を宥めた。

『でー?僕らを呼び出したのはどーして?』

ゼピュロスが本題を切り込んだ。

「あー、それな。あまりにも風が騒ぎすぎてて気持ちわりぃから、どうなってんのか聴きたくて呼び出したんだわ」
「いつも街に吹く風ではないのです。何か嫌な予感がします」

4人の風神は苦笑していた。
互いに顔を合わせた後、ノトスが言った。

『…察しがいいな』
「…何が起こる」

颯太はさっきまでの軽い声ではなく、重く低い声で聞いた。

『街が1つ消える。星と、人間の作り出した飛ぶ金属の塊によってな』
「星…?」
「金属の塊って飛行機のことか?墜落事故で街が1つ消える…?」
『滅ぶ街の名前は…』

街の名前を聞いた途端、颯太の顔が青ざめた。

「ちょ、ちょっと待て!Xdayは今日なのか!?」

颯太はエウロスに尋ねた。

『そうだ。今日の18時だ』
「颯太様…!」

颯太は、拳を握り、唇を噛んだ。

いくら颯太が風読民といえど、昔の先祖の話など、現代では到底受け入れられない話だろう。

まして、街が1つ消えるなど。

現実味がなさすぎる。

どうしたらいい。
どうしたら救える。

「…どうしたらいい」

颯太は4人に問うた。

しばらく4人は顔を見合わせた後、ボレアスが答えた。

『お前ごときが動いたところでどうにもならん。国や政府に訴えを起こしたところで決定的証拠がないからな』
「じゃあ…。このまま街がひとつ消えるのを親指加えて見てろってか!?」
『そうは言っておらん』

ボレアスが言った。

それを引き継いでエウロスが答えた。

『救う方法はある。が、お前は選ばなければならない』
「選ぶ…?」

そうだ、とボレアスは言った。

エウロス、ノトス、ゼピュロスは察したかのように表情を曇らせた。

ゼピュロスは今にも泣きそうだった。

「何を選ぶ」

颯太の低い声が部屋に響く。
さらにボレアスの声が響いた。

『お前の命と引換に街ひとつを消すか、街ひとつと引換にお前が助かるか』
「…!」
「颯太様の命と…?」

天秤にかけるには重すぎる選択だった。

「気分屋文庫」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く