初心者がVRMMOをやります(仮)

神無乃愛

勉強開始!

 そのあとカナリアは逃避し、ひたすらアクセサリー作りに没頭した。
「……カナリアは?」
 喫茶店にすら出てこないありさまである。
 さすがに毎日顔を合わせているといえど、ジャッジとて心配になってくる。

 その後、カナリアに対してそこまでイッセンたちはしなくなった。勿論、そのあとの反動が恐ろしいからである。
 だからといって連れ歩かないという選択肢はない。
 小刻みに連れていくという方法に変えただけのことである。
「たいがい君らも甘いね」
 ディッチがイッセンとリリアーヌに言う。
「美玖ちゃんと一緒に楽しみたいもん」
「だったら最初からカナリア君のペースに合わせることだな」
「今回のことでよーく分かりました」
 少しばかりそっぽを向いてリリアーヌが言う。
 それを見たディッチはくすりと笑い、カナリアに向かう。
「さて、そろそろアクセサリー作りをやめようか」
 不服、といった顔でカナリアがディッチを軽く睨んでいた。睨んでも可愛いというのは、メンバーの総意だったりする。
「クィーン様や主治医の先生方から許可が出たからね。高認に向けて頑張ろうか」
「はいっ!」
 現金なもので、あっという間に機嫌が直っていた。

「できれば通学したいけど、難しい場合は通信制にするみたいなの」
 退学という方法をとっていたという事実を初めて知ったイッセンとリリアーヌに、カナリアは大学を受験するために必要なことをするのだと伝え、その方法を話し始めた。
 リハビリ状況によっては大学も通信制を選び、それを取ること。そしてできうる限り大学は十八で入るつもりでいること。そのためには今から色々と動かなくてはいけないことなどを伝えた。
「じゃあさ、俺たちも美玖の勉強に付き合う!」
「いい……の?」
「当たり前! ずっと一緒に色んなことやりたかったって言っただろ? これだってそのうちの一つ」
 イッセンがにこりと笑って宣言した。

 カナリアとしては、イッセンたちに気を使わせてしまったかな? と思ったが、実のところディッチやジャッジたちは全員理系。文系の授業が苦手なのだ。だからこそ、文系のイッセンとリリアーヌを巻き込んだのだ。

「プログラミングなら教えられるんだけど」
 ぼそりと呟いたのはタカとユウである。それに対してジャッジから速攻で突っ込みが入った。
「プログラミングなら俺が教える!」
「まだ早い!」
 ジャッジにもすぐさまディッチから突っ込みが入った。

「でも何で、ゲームで勉強?」
 イッセンが不思議そうに言う。
現実リアルよりも進む時間が早いからな。教材さえ用意できれば最適な環境なんだ」
 ジャスティスがこっそりと二人に教えていた。

 そんな方法を取ったことがないイッセンとリリアーヌが不思議そうな顔をしていたが、それが事実だと分かることになる。

コメント

コメントを書く

「SF」の人気作品

書籍化作品