話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

初心者がVRMMOをやります(仮)

神無乃愛

難易度の高いクエスト


「ひゃっほぉい! 楽しいねぇ! レイドはこうじゃなくっちゃ!!」
 スカーレットが心底楽しそうに言う。
 タンク役であるジャスティスたちを筆頭に、全員が孤立しないよう進んでいく。
「しっかし、『春陽』には優秀な回復役がいるな!」
「それ、同感!! すぐに回復してくれるしね。兄貴だと少し放置されるから!」
 その言葉に「春陽」メンバーがぎょっとする。
「『スワスティ』さんのところ、レイドしたことないって嘘でしょ?」
「あははは。ほとんどありませんよー。『兎レイド』は関知してませんし、大体がこのクエストでしかやりません」
 そう言ってきたのは「スワスティ」ギルマス、ウドムだ。

 この三つのギルドが集まると、ウドムが前線で指揮を執り、後衛でカーティスが執るという。
「さすが! 協力することに慣れているところは違うな」
 ディスカスも楽しそうに言いながら、魔法を繰り出していく。
「……つかさ、どうしてこれ、レイドだよね?」
 緊張感ないんだけど! そう叫んだのはユウだった。
「『踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃ損々』って言葉があるだろ? 楽しめるものを楽しんでおかないと、後々苦労するぞ」
 某ゾンビゲームよろしく、ジャッジがランチャーに持ち直して湧き出たものを倒していく。
「今日は二丁拳銃じゃないんだ」
「弾切れおこしたら使う! それにタカさんが使ってるのに、俺が使ってもなぁ」
 そんな話をしていた時だった。
『甲殻のあるモンスターが四方から出てきました! 大砲係はすぐ持ち場へ!』
 グループ通話ですぐさまカーティスから指示が出る。
『ストックは?』
「あ、多分親父の弾が切れるかも」
『分かった。カナリア君を向かわせる』
 次々に飛ぶ指示に、全員が従っていく。


「さて、久しぶりの大砲だ。いっちょやるか」
 にやりとジャッジが笑い、軽く、、照準を合わせるとそのままぶっ放した。

「ディッチさん、これまずい」
 撃った感覚でジャッジはすぐさま気付いた。
『どうした?』
「一回撃つと、ほぼ機能しなくなる。すぐディス呼んで」
 カーティスの話では何度か甲殻モンスターが現れると聞いていた。これでは「全滅してください」と言っているようなものだ。
『分かった。リリアーヌ君から簡易大砲貰っといてくれ。これほど威力はないが、数発撃てば多少はましなはずだ』
「りょーかい」
 大砲係のメンバーも一度リリアーヌと会って大砲を貰ってから再度持ち場に戻る。
 それと入れ替わりでディスカスが大砲のところに行く。
「……大砲はほとんど使うなってか。どんだけ鬼仕様なクエストなんだよ」

 何度か依頼され参加した「攻防」クエストの中でも最難関なクエストだと、ジャッジは痛感していた。


『ディッチさん、とりあえず他のメンバーにもランチャーまで渡しておきました』
「リリアーヌ君、ありがとう。これで少しはもちこたえられるな」
『いえいえ~。ランチャーを多めに作っててくれたディスカスさんと、指示してくれてたディッチさんのおかげです』
 そんな話をしている間にも、今度はマモルたちのところの薬が切れ始めた。
「リリアーヌ君、そのままマモルさんたちのところへ! カナリア君はユーリたちのところへ!」
『りょーかいでーす』
『ふぇ!? わ、分かりました!!』
 慌てたカナリアの反応に、嫌な予感しかしない。
「カナリア君、まさかと思うけど採取なんてしてないよね?」
『……』
 電話越しの沈黙が肯定だと言っているようなものだ。
 どこまでも素材のために突っ走るカナリアに、ため息しか出てこない。

 それを見ていたカーティスが笑いを堪えていた。

「初心者がVRMMOをやります(仮)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く