老舗MMO(人生)が終わって俺の人生がはじまった件

穴の空いた靴下

後日談:タロの散歩

 新大陸を冒険開始してしばらく立った頃、圧倒的にパワーアップした魔物たちにユキムラ達は嬉しい誤算で苦労していた。

「いやーーー、強いね!
 まさか、魔物たちがここまで組織的に動いてくるなんて……
 ここフィールドだよね!
 いやーーーー、手強い(めっちゃ笑顔)」

「師匠言っていることと表情があってませんよ……
 現実問題として、あの先に見えている山岳地帯、そして森林地帯、まだまだ未開の部分が多すぎます。
 ケラリス側から新大陸に挑んだ冒険者によって造られたエクスペの街の方も開拓は進んでいないそうです」

「あ、なに? ヴェル達も偉そうなこと言って進んでないの? ぷぷ、ざまぁ!」

「ユキムラさん、なんであの人たちのことになると子供みたいになるんですか!
 駄目って言ったじゃないですか!」

「ユキムラちゃんもソーカちゃんには勝てないわねぇ……」

「話を戻しますよ。
 選択肢としては、平原地帯は比較的互角以上の勝負ができていますから、ここを重点的にじっくりと攻略して、撤退した森林部分にアタックしやすいような新拠点を構築する長期戦。
 もしくは、敵を避けながら採取などで装備や道具などを無理やり良くしながらどんどん探索を広げていく短期戦、もちろんリスクは高めです」

「レンちゃん、そうは言ってもこの大陸の素材、レシピもないから手探りになってるからそこまで開発の速度は上がらないわよー」

「いやー、ほんとに。見たこともないからいろいろ試してるんだけど、なっかなか。
 やっとキヒライナ鉱を利用できるようになったのはでかいけど……」

「師匠も研究になるとぶっ通しでやるの止めてください。
 その後ぶっ倒れて大変なんですから……
 そんなわけで、冒険時間と開発時間の両立で無理が出ています。
 そこで提案なんですが、まずは草原地帯中央の高台に拠点作成をして、冒険と開発をきちっと分けましょう」

 レンは周囲の巨大な地図を会議室に映し出す。
 現在周囲を把握できている地帯にドローンを飛ばして、撃墜されるまでに集められたデータで作られている。
 草原部分だけでもゲッタルヘルン領全域程の面積を有しており、なだらかな地形ではあるものの、時折クラックのような地面の割れ目があり、そのそこには非常に強力な魔物がいる、予想ではダンジョンなどもありそうと言われている。
 西に巨大な山が見えており、その手前には広大な森林が広がっている。
 ユキムラの勘でその山には必ずなにかある! ということで西へと探索を広げているのだが、森林部分に入ってすぐに魔物の群れに襲われて撤退を余儀なくされた。

「この中央の大丘の上部が平坦な棚状の構造になっています。
 ここに上がるためには周囲を螺旋状に登るしか無いので、ここに拠点を作れば周囲からの来襲にも対処しやすいと思います」

 レンがマップ状を指差す。
 新大陸は見たこともない様々な素材、食材、生物。
 何もかもが新しい、未開の土地だった。

 冒険者たちはこぞって新大陸に夢を追い求めて上陸したが、なんとか作り上げた最初の街から周囲の雑魚を相手するだけでも手一杯だった。
 ごく限られた超一流冒険者達は、多少の探索範囲の拡大に成功したが、未だにフィリポネア西のホーピング、ケラリス東のエクスペの二箇所の街を作るのに留まっていた。

「せめて新大陸間で転移できればねぇ……」

「内部で転移すると派手に座標がずれますからね……」

「きちんと街という形態を取って、神殿作って女神様たちを崇めないと駄目だからね」

 転移は街を基準にしているために、何もないポイントを指定はできない。
 それでも、危険地帯からホーピングの街へと帰れるだけでも白狼隊は圧倒的に有利だ。
 冒険者のうち超一流と言われる人達は、使い捨ての転移装置を持って冒険している。
 いざという時に街へと戻れるようにだ。
 拠点から離れて旅をするには必須と言われているが、大変な高額商品だ。
 転移に使用するエネルギーを補える魔石は、貴重品だからだ。
 サナダ商会はそういった技術を秘匿せずに後悔したが、素材を調達できる商会は皆無だ。
 結局素材をサナダ商会に依頼するために、商会として損はなかった。

「そこに拠点を作成する話で進めていこう。
 ただ、あそこらへんの敵も手強いから……
 一週間ほど準備期間としよう。道具もかなり消耗したし、キヒライナ鉱を使った装備も研究したい。
 ヴァリィもフェブライフライの繭を素材にしたいって言ってたよね?」

「そうよー、まだほんの少ししか材料に取り出せていないけど、これ、たぶんすごい素材になるわよ!」

「私も何本か剣を失ったので、残ったものも調整しないと……」

「決まり、ですかね。
 目標はあの巨大台地への拠点作成。
 準備期間は一週間」

 会議は終了となる。

「あれ? タロお出かけするの?」

 タロは会議が終わると何か思いついたように外へと向かう。

「わん!」

「いってらっしゃーい。一週間後に作戦本部ね~」

 タロは時々長期休暇のときなどにフラッと出かけることがある。
 冒険再開時には当たり前のようにもそばにいるので、誰もその行き先を知らない。

 タロはてくてくと歩いている。
 教会にたどり着くと、誰が開くでもなく静かに音もなく扉が開いていく。
 タロが歩いていることをまるで無いものの様に周囲の人は祈りを捧げたり、信者の悩みを聞いている。
 そんな人々の間をタロは優雅に歩いて行く。
 そして、月の女神アルテスをかたどった御神像の足元に音もなく消えていく。



 バタバタと人々が忙しそうに行き交っている。
 薄っすらと発光する壁や床、天井は全て清潔感のある白。
 人々は激しく議論をしたり、何かの端末に目の下にクマを作りながら入力したり、誰一人暇はなさそうに働いている。
 そんな人々の間をタロはスルスルと奥へと進んでいく。
 そして、少し立派な扉の一室の前で静かに一鳴きする。
 同時に扉が静かに開いていく。

「なんじゃ、アルテスか? まだデータはサルベージできておらん。
 こんな骨董品みたいなデータほんとにいるのかのぉ?
 あまり年寄りをこき使うんじゃ……ああ、貴方でしたか……」

 タロの姿を認めると、その老人は優しそうに微笑む。
 ユキムラ達のいる世界の最古参の神、ロームだ。

「今、茶を入れさせます。どうぞこちらへ」

 ロームは丁寧にタロを迎える。

「ナー」

「おお、先輩もいらしましたか。どうぞどうぞ」

 先輩と呼ばれた猫。彼女もタロの隣にストンと座る。
 二人はまるで遠い昔からソコにいることが当たり前のように静かに丸くなる。

「……お陰様で、ここにも活気が戻りました。
 懐かしいですねぇ……手探りで日々対応に追われ、あなた達にどやされた日々……
 目をつぶると蘇ってきます」

 ロームは遥かな昔を思い出すように目をとじる。
 まだ新人だったロームは一つの新しい世界を作り出すことを使命としていた。
 まだだれもやっていなかったような、沢山の人が同時にこの世界を楽しめる。
 そんな革新的な世界を作りたかった。

 実際は、苦労の連続だった。
 ある一定の人が訪れると停止する世界、ある操作をすると致命的な問題が起きてしまう世界、新しいものを入れようとすると全てが止まってしまう世界……
 問題は山積みだった。
 もしも、二人の天才があの場にいなければ、皆、その世界を諦めて、その後に続く40年という偉大な歴史は生まれなかっただろう。
 未だに世界の根底をコントロールしている理論はその二人の天才が作ったものだ。
 あくまでもそれを基幹に装飾して40年という時を乗り越えたに過ぎない。

 世界の父と母。
 この世界に携わる人々にとって、二人は絶対に超えられない巨大な壁、そして、厳しくも温かい、師であり上司であり、親なのだ。

 懐かしそうに、そして、とてもうれしそうにタロと先輩はまどろんでいる。
 若い世代も育ってきている。
 そして、世界を心の底から楽しんでくれている人々がいる。
 それが何よりも楽しかった。

「どうですかな、完全な新しいシステムによって作られた新世界は?
 若いものもどんどん育っています。私もそろそろお役御免ですかね……」

 ロームも穏やかな表情でお茶をすすっている。
 嬉しそうな、ほんの少し寂しそうなそんな表情で……

「アン!」

 タロが小さく吠える。
 ディスプレイの一部が妙な動きをしている。

「ん? ……アルテス! オトハ! すぐに来るように!
 ……まったくアヤツらは……」

「ワン!」

「そうですな、まだまだアヤツらはひよっこ。
 もう少し老骨に鞭打つことにしますかのぉ~」

 タロは嬉しそうに尾を振っている。
 そんな二人の様子を先輩は楽しそうに見つめている。

 バタバタと焦って走ってくる二人の女神の慌てた表情を面白そうに、眺めているのでした。



「老舗MMO(人生)が終わって俺の人生がはじまった件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • コーブ

    ゲーム用語に不慣れなので解りにくい所が多々ありましたがストーリー自体は私好みで良く出来ていたと思います♪面白かったよー!有り難うございました♪今後のご活躍を期待しております♪

    1
  • ノベルバユーザー256065

    第1話しか読んでないけど
    読みやすいし続きが読みたくなる展開で面白かった

    0
  • ノベルバユーザー205746

    面白いがレンの性格が途中から大人っぽくなりすぎで違和感がある

    3
コメントを書く