老舗MMO(人生)が終わって俺の人生がはじまった件

穴の空いた靴下

338話 魔神ヴェルツフェルセン

 ヴェルツフェルセンが完全にその物体の内部に沈み込む。
 体表の漆黒の皮膚がテラテラと光沢を放つ鱗のように変化する。
 過去の魔王の姿を模した塊はみるみる形を変えていく。
 たくましい両腕はむしろその経を縮めて、しかし、引き締まりしなやかに、丸太のように重厚な二足の足も同様だ。
 見るからに力あふれるたくましい魔王の姿が、引き締まり濃厚に濃縮されていく。
 先程までの病的までに痩せていた男、ヴァルツフェルセンの顔貌が浮き出してくる。
 印象としては根暗で卑屈に見えた男の表情は、美しい肉体を手に入れて自信に満ち溢れているようだった。

【ユキムラ、これから君ならわかる絶望を与えてやろう】

 両の手を頭上に掲げるとトプンとまるで水面に手を突っ込んだように空間を掴み、そして引き抜く。
 現れたのは巨大な剣、両手持ち用と思わせる剣を軽々と片手で扱う。それが二刀である。

「おおおお、降神剣 ヘイと至神剣 バイじゃないか!!」

【ハッハッハッハ! それだけではないぞ!】

 さらに光の輪が身体を包み込み、見事な鎧が現れる。
 最後にその輪を掴んで頭上に乗せると兜に変化する。

「ぬおおおー!! 聖邪鎧 ヴァルヴァリウスにスイヨウてをチーダオシークィン!!!」

「師匠、知っているんですか?」

「ああ、どれも課金でしか手に入らない上に精錬値を最大値にすると恐ろしい能力になる装備……
 ま、まさか、全てMAX?」

【フハハハッハ! 当然だろ!】

「いいなーーーーー!! 俺も作れなかったんだよなー---!! 強いの!?
 やっぱ強いの!!?」

【今から貴様が身をもって知るだろう。まぁ、知るときには死ぬことになるだろうがな!】

「そっか、体験できるのか……!」

 あまりに純粋に喜んでいるユキムラにヴァルツフェルセンの笑いも少し引きつってしまう。

「ユキムラちゃん、ヴァルちゃんも呆れてるわよー」

「仕方ないだろ、VOでも一人も居なかったんだ。アレを全て揃えた奴は!
 つまり、俺達が初めてその力を知るんだ! ワクワクするじゃん!」

「ユキムラさんが時々理解できません……」

「ユキムラにーちゃんは病気だね……」

「でも、もうさっきのヤバそうな雰囲気が、ユキムラちゃんの世界になっているわ」

 月桂冠のような兜、美しい羽根のようなエフェクトに、白銀に輝く見事な鎧、共に力強さと美しさが同居した真っ黒な剣と真っ白な剣。
 見ようによっては天使のようなその姿、ヴァルツフェルセンの真の姿。

【あまりふざけてすぐに壊れるなよユキムラ君】

「すぐに壊れたらその装備がよく見れないじゃないか!」

【減らず口を……!】

 双剣を構えてヴァルが突っ込んでくる。

「全員気をつけろよ! あの剣、能力通りならやっばいぞー!」

 ユキムラは振るわれた黒を避け、白を両刀で受ける。
 一度の斬撃を受けたはずなのにユキムラの刀は激しい斬撃の雨に襲われる。

【ふははは! 流石によく知っているな!】

「ああ、黒は受けること不成ならず。全ての防御を透過する。
 白は避けること不成ならず。全ての回避を無効にする。
 こりゃ厄介だ!」 

【その余裕いつまで続くかな!】

 鎧と冠が光を放つ。

「出た! 始めてみた! ミラージュボディ!!」

 同じ姿をしたヴァルが3体現れる。

「ソーカ、ヴァリィで一体! タロ、レンで一体! エテルノが一体! 任せるぞ!!」

 矢継ぎ早にユキムラは指示を飛ばす。
 後は仲間を信用するしか無い。

 ユキムラは改めてヴァルへと向き直る。
 威風堂々とした姿、自身でさえ手に入れることを叶わなかったVO内でも最強であろうと噂された装備のさらに最高の状態。
 彼の心の中は未知への装備の能力への期待で燃え上がっていた。

「さてさて、鎧も兜もまだ能力があるからなぁ……
 対策が無いわけでもないんだし、ま、やってみるか!」

 ユキムラは迷うことなくまっすぐにヴァルに突っ込んでいく。
 ヴァルは呼び出した分身体を差し向けようとするが、白狼隊のメンバーがそれを阻止する。
 分身体は能力こそ本体と同等だが、武具の能力まではコピーできない。

【まぁいい。普通のプレイヤーがこの装備に勝てる道理はない!】

 システム上の最高の威力、速度、精度の攻撃。
 理論的な最上の攻撃だ。
 しかし、既にユキムラはシステムの動きを超えるものを知っている。
 嵐の中心に迷うことなく突入していく。

【な、何なのだ貴様は!】

 これにはヴァルも虚を突かれる。
 反撃の隙など、あるはずもなかった。
 しかし、確実にユキムラの刃はヴァルを掠めた。

【何なのだ、何をしてるのだ貴様は!
 ありえない! そんなシステムは存在しない!】

「ゲームじゃあるまいし、限界なんて勝手に設定しないでほしいなぁ。
 それにしても、凄いなそれが聖邪鎧の自動回避か!
 攻撃の半分を無効にする。いや~無茶苦茶強い!
 全てを知る物が全属性状態異常も防ぐし、壁としては最良の装備だね!」

 攻撃を捌かれても嬉しそうに攻撃を繰り返すユキムラにヴァルは困惑していた。

【なぜだ!? なぜ貴様は楽しそうなんだ?】

「え? 君は楽しくないの?」

【楽しいわけがないだろ!】

「どうして?」

【大っ嫌いだからだよ、この世界が、この世界を救おうとする神と女神が!!】

「……もったいない……」

 嵐のような攻撃と対峙しながらも、ユキムラは魔人達が言っていた言葉を思い出していた。

『あの方も寂しい人なんだ……』

 あの言葉の本当の意味を今身をもって感じていた。

【糞! なんで当たらない! この攻撃を避ける回避なんてステータス限界でも無理なはず!】

 未だにゲームの世界から出られていない。
 この自由な世界において。

「貴方も、この世界を作った神の一人だったはずだ。はじめはこの世界を愛していたはずです」

 ユキムラの言葉の刃は、幾度となく弾かれる実際の刀よりもヴェルの肉体ではなく心を切り裂いた。

【煩い!! 俺は悪くない!
 世界が俺を嫌ったんだ!】

「ふむ……何があったんですか?」

 ヴァルの斬撃は動揺している精神とは関連なく、常に致命の一撃を凄まじい速度で繰り返してきている。話しているときぐらい少し緩めてくれてもいいのに、ユキムラは思わなくはないが、彼の人物の心に積もった想いの表れのようなものだと考えている。

【俺は言われたようにしたんだ! 画期的だと褒めて貰ったんだ!
 なのに、なのに……世界が俺を否定した!! 俺の、この力を!!】

 ヴァルから光が放たれる。
 剣戟の嵐がまるでスローモーションの様にユキムラに降り注ぐ、突然の拍子の変化にユキムラは恐ろしい反射速度で対応する。
 まるで水の中を動くように迫りくる攻撃を避ける。
 女神たちに与えられた能力は既にユキムラ達の肉体に刻み込まれていた。
 このような能力を弄さずとも同じ時間軸、いや、もっと上の時間軸に存在できた。

「いや、時間を操ることなんかしなくても、時間は刹那から無限まで当たり前のように存在していた。
 俺も、諦めずにもっと挑んでいけばよかったな……結構ギリギリまでは行けたんだけどねぇ」

【糞システム、糞運営、無能、アホ、世界が俺を、俺を批判したんだ!!】

「アレがなくても……終わってたんだろうねぇ……貴方のせいじゃないと思うよ。
 時代だったんだよ……」

 認めたくはないけれども事実は存在する。
 ユキムラ自身も冷静になって振り返れば、激情に駆られて自死を選ぶことも無かったのかもしれないなぁと思うことも多かった。

【煩い!! 何も知らないくせに!!】

「うん。ただ、一言だけ貴方に伝えるとすれば、俺は『ありがとう』って言うよ」

【は!? 馬鹿にしてるのか!!】

「馬鹿になんてしていない。あの時間停止、悪い変化と言われがちだったけど、俺は楽しかった。
 絶対に無理で超えられないって言われていたけど、何体かは倒せたからね、まぁ、流石に根気が続かなかったけど、それでも、挑むものが出来たってのは、他の人はわからないけど、俺は楽しかったよ。
 だから、『ありがとう』なんだ。」

【くそっ! くそ!!】

「思うんだけど、貴方はあのゲームを、この世界を自分の力で実際に『生きた』ことが無いんじゃないか? 自分の力で立ってみない? 楽しいよ?」

【やめろ! それ以上ふざけたことを抜かすなー!!】

「システムの限界、その先がこの世界にはある。
 貴方が作ったシステムも、この世界の人間は乗り越えたよ。
 周りを見て皆よ、この世界の人間が貴方のシステムを乗り越えて、楽しそうに戦っている姿を」

 分身体と戦っているメンバーは皆必死だ。楽しんではないない。
 しかし、歪められた時間の中で互角か、それ以上の戦いを繰り広げている。

【MOBが……システムを超える……】

「ここはゲームじゃない。世界なんだよ。
 ここには人生があるんだよ!
 俺は、VOが終わったことで、この世界で本当の人生を手に入れられた!
 こんなに素晴らしい世界を作ってくれた神様、女神様、そして貴方にも感謝しているんだ!」

【……ユキムラ、君は……馬鹿だな……】

「よく言われるよ。でもさ、馬鹿になるぐらい世界って楽しいんだよ、楽しくて楽しくて仕方がないんだ」

【……ふ……ふふふ……ふははははっは!! 
 あーあ、こんな馬鹿に必死になってた自分が本当に馬鹿みたいだ……
 俺はやっぱりこの世界は嫌いだ。
 それでも、それでも一つだけ、ユキムラの言葉に騙されてみよう……】

 嵐のように続いていた攻撃がピタリと止む。
 そして、分身体もヴァルの身体に帰っていく。

「……ユキムラ、お前は言ったな。俺がVOをやっていないと」

 2つの刀が消えて長槍が現れる。
 装備も含めて統一感のある聖騎士のような装備に変化する。

「それは大きな間違いだ!
 お前の国ではユキムラが伝説のプレイヤーだとすれば、私の国では、この俺!
 ヴェルツフェルセンが最強のプレイヤーなんだよ!」

「おおお! もしかして1998年から15年間無敗を誇ったワールドチャンプ!
 うおおお! 一度手合わせしたかったんだ!!」

「お前が大会に出ないのが悪い! いざ尋常に勝負!」

 すっかりと毒気が抜かれた聖騎士が見事な槍捌きでユキムラに対峙する。

「ああ、ならば俺もあの世界の装備でお相手いたす!」

 ユキムラの装備が道着と手甲へと変化する。
 ノリノリでPvPを始める二人に白狼隊の他のメンバーもポカーンと見守るしか出来なかった……







「老舗MMO(人生)が終わって俺の人生がはじまった件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く