老舗MMO(人生)が終わって俺の人生がはじまった件

穴の空いた靴下

327話 開戦

【ついに我ら魔族がこの世界で偉そうにはびこっている人間に、鉄槌を下す時が来たぞ!】

【空の王者たる我らに、空をとぶことも出来ない脆弱な人間どもは恐れ慄くだけだ!】

【今こそ世界を我ら魔族の物に!!】

 魔物達は彼らの言語で冗談を交えながら会話をし、士気も高く人間の大陸へと攻め込んでいく。
 先鋒は空を飛べる魔物たちを中心とした部隊だ。
 彼らの頭のなかには、一方的な空中からという有利を活かした蹂躙しかない。
 空を覆うほどの魔物たち、魔獣にまたがるコブリンやオーガのような騎士もいる。
 これらの空からの部隊によって、初撃で人間の都市を破壊尽くす。
 子供がおもちゃで遊ぶように、人間たちをどうしてやるか楽しみにしていた。

【がぁ? なんか空が明るく……ブベェ!】

 突然の閃光が、空を仰ぎ見た魔物を撃ち抜いた。
 それを合図のように魔物たちの頭上に幾千幾万もの光が降り注ぐ。

「打て打てー!! 弾も矢も惜しむなー! 魔法も惜しむな!
 魔力がなくなったものは交代! 陣で回復して予定通りのローテーションでやれ!
 訓練通りでいいぞー! 撃てば当たる! 落ち着いていけ!」

 地上部隊による対空射撃。
 サナダ商会から提供された弓や大砲が間断なく火を噴く。
 さらにその攻撃に魔法によるエンチャントを施す。
 こうして用意に魔物たちの防御を食い破る攻撃が文字通り雨のように降り注ぐ。

 予想もしていなかった突然の先制攻撃に魔物たちは多くの犠牲を出してしまう。

【なんということだ!! くそ! 龍だ! 龍を前に出せ!!
 食らいついてしまえば人間どもなぞに遅れを取るかぁ!!】

【高速部隊は水面ギリギリから地上に接近しろ! 奴らを血祭りにあげるんだ!】

【魔法部隊! 反撃と防御だ!】

 魔王軍も必死に対応しようと建て直していく、堅牢な鱗で身を包む竜族が上空から降り注ぐ雨を防ぎ、竜族に必死に防御魔法を貼っていく。
 しかし、いくら軽減しても降ってくる攻撃が多すぎる。
 羽根を撃ち抜かれ錐揉みしながら落下していく。
 それでも幾つかの部隊は、界面ギリギリの超低空を高速飛行で陸上部分に接近する。

「魔法術式、発動!」

 防衛隊の号令とともに魔法が発動する。
 海上に現れる巨大な魔法陣。
 事前に準備されていた幾重もの魔法陣が発動すると、海上を飛行している部隊は氷の柱に包まれ、そして崩れる氷柱と一緒に粉々になっていく。

【くっ! ここまで周到な準備が……!! 引けー!! 海上部隊と合流するぞ!!】

 ついには魔王軍指揮官は一時撤退を余儀なくされる。

 ケラリス、テンゲン、フィリポネア3カ国で開始された対魔王軍空軍との戦闘は、人間側の圧勝。
 被害は魔法を使いすぎて倒れた者、数名を含む極々軽微なものだった。

 その報告を世界の中央部に位置するテンゲンの作戦本部で聞いたユキムラは胸を撫で下ろす。

「ふーーー……、準備はしっかりしたつもりだけど、実際に始まってみると緊張するね」

「まぁ、それが戦争ってやつよぉ! それより、俺、ちょっと行ってきていいか?」

「ワン!」

「わかったよータロの旦那……大人しくしてますよぉ……」

 ラオもすっかりタロには一目を置いている。
 各国の防衛指揮官はそれぞれ各地で指揮を執るが、攻撃部隊はここ本部に集合している。
 いざとなったら白狼隊メンバーとパーティを組んで各地へ向かう手はずになっている。

 ただでさえ各地に強大な戦力が存在しているのに、最終兵器がいつでも、一瞬で、最大60名とはいえその一人一人が万の兵にも匹敵するような部隊が送り込まれてくる。
 敵対する陣営からすれば、チートだ!! と叫びたくなるだろう。

「しばらくは、仕事はなさそうねぇ……」

「各国ともに撤退していきましたね……海中に落ちた魔石はGUが回収しています」

「大物だけでいいからねー。敵のレベルもダンジョン程じゃないね魔石から見て……」

「ユキムラ殿、これはもしかして気負いすぎたのでは?」

「リンガーさん。油断はいけないですよー、相手もお遊び半分で来ているでしょうし……
 次からが本番です」

 ソーカの意見の通り、海上に異変が現れるのは数時間後だった。
 巨大な空母のような船が悠然と海上から接近してくる。

「どうやら、海洋生物で造られた船、というか大地と言ってもいいでしょうね……何でもありだな……」

 流石にそれほどの質量の船を用意するのはユキムラでも不可能だ。
 高官の報告を聞いてユキムラも一つため息をつく。

「魔法結界も表面を凍らせたり損傷させるだけで、効果はなさそうですね」

 更に続く報告はその予感を的中させるものとなる。
 さて、どうしたものかとユキムラが思案すると、別の人物が声をあげる。

「……上陸戦準備。防衛隊は規定の位置まで撤退。でいいんだろユキムラの旦那?」

 タロのついでに白狼隊メンバーにもこんな調子になってるのであった。
 ラオの指示にユキムラはうなずき、白狼隊メンバーもそれぞれの11人の隊員に指示を出し、いつでも出動出来るように準備を開始する。

「そういえば、プラネテルとゲッタルヘルンの様子は?」

「問題ありません」

「この大軍全てが陽動の可能性もあるから、監視は怠らないでね」

「ケラリス、フィリポネア接岸されました。間もなくテンゲンにも……」

「状況報告は細かく、少しでも押されている所があればすぐに報告。
 さて、ラオ。どうしようか?」

「俺が行きたいからってわけじゃないが……
 上陸された以上、こっちから攻撃しちまった方が消耗は防げる。
 ヴァリィ隊、ソーカ隊、タロ隊はそれぞれ出てもいいんじゃないか?
 まぁ、それで決まりそうだが。
 ユキムラの旦那とレンの旦那が控えていれば、後は逐次投入でも万が一の奇襲でも対応できる。
 もし出るなら、全力で、一回で終わらせるつもりがオススメだねぇ俺としては」

 ニヤリとラオが笑う。
 俺を出して思いっきり暴れさせてくれよ! という笑みだ。

「よし、ラオの案を採用する。各人、敵の戦意を奪うほど思いっきりやってきてくれ!」

 うおおおおお!!! ここに居るのはバトルマニアよりの人選だ。
 ユキムラの決定に歓喜の声が上がる。
 3人は転移門を開き迅速に戦場の側まで移動していく。

 ユキムラとレンはモニターを注意深く監視を続ける。
 自分たちの部隊には臨戦状態のまま待機させる。



 フィリポネア共和国、南岸。
 すでに魔物、魔獣、魔人が上陸を開始しており、美しい島が土足で踏み荒らされていた。

【ガッガッガ! 人間ども、恐れおののいてあんなに遠くまで引いておる……】

【気をつけろよ、先程のような小狡い罠があるかもしれん】

【上陸してしまえば我軍の魔獣共が風をも切り裂く嵐となって人間を食い破ってくれようぞ!】

【そうだな、上陸してしまえば……ん? なんだアイツラは?】

 揃いの青の鎧を着た防衛隊が防御陣を敷いている前方に、突如として朱色の部隊が現れる。
 その数12。
 魔王軍からすれば、吹けば飛ぶような数だ。

【命乞いでもしに来たのか……? どちらでもいい、あ奴らから我が嵐の犠牲になってもらうか】

 魔王軍の魔人、巨大な体躯は筋肉の鎧で覆われており、巨大な戦斧を軽々と扱う。
 配下には大量の魔獣達が背後で唸り声を上げている。

【援護は頼むぜ、突撃ー!!!】

 数万の魔獣がその拘束を解かれたように、四方八方に散り散りになりながら12名をめがけて疾走する。
 人間の防御部隊から雨や砲弾が一斉に放たれる。
 同時に魔法陣も発動する。

【同じ手を何度も食うと思うな、人間風情が!!
 ガーズを援護するぞ! 魔法部隊!!】

 同じ魔人でも褐色のエルフのような見た目の男が手を上げると、空中に防御魔法陣が次々に形成され、降り注ぐ攻撃を受け止める。
 地面に配置された魔法陣もバリバリと音を立てながら崩壊していく。
 もちろん一部の攻撃は突撃する部隊に降り注ぐが、かなりの攻撃を防いでいる。


 その様子をモニターで見ているレンもほう、と感心する。

「向こうにも結構いい使い手がいますね。優秀な指揮官も……」

「そうだね、気を引き締めるよう改めて通達しよう」


 美しい草原を、漆黒の塊がとんでもない早さで、その牙を突き立てる相手を求めて疾走る。
 目の前に柔らかそうな肉が呑気に散歩でもしているように近づいてくる。
 いつもの狩りのように正面から超速でステップを踏み、何が起こったかわからない相手の喉元を食い破る。最高の感覚が口に広がりしびれるような快感に包まれる。いつもの狩りだ。
 誰もその速度に反応できるものはいない。

 ……そんな思考をしていた頭は、すでにその人物によって身体と分離されていた。
 頭を失った身体は、その速度のまま、ただ真っ直ぐと走り続け、そして頭部がなくなった事に気がついたときには魔石へと変化する。

【ば、馬鹿な!!】

 目の前で何の抵抗もできずに、次から次へと倒されていく自慢の魔獣部隊の姿を、その魔人は認めることが出来なかった。

【そんなはずがあるかぁ!!】

 自身のまたがる巨大な魔猪を駆けて、その朱色の戦士たちへ突撃を仕掛ける。
 彼は後ろで構えるタイプの指揮官ではない、常に前線で魔獣達と戦うタイプの指揮官だ。

【ウガガガガガァァァァァァァ!!】

 振り回す巨大な戦斧が空気を切り裂き戦士たちを襲うが、まるでそよ風の中を散歩するかのように戦士たちの歩みは止まらない。
 それが彼には許せない。

「さて、指揮官の実力はどれくらいかしらねぇ……」

 戦士たちの中でも一際目立つ大男が目の前に魔人の正面に立ちはだかる。
 その立ち姿から、人間たちの最後の切り札が目の前に居ると判断する。

【喰らえええぇェェェ!!】

 山をも打ち砕く戦斧の一撃をその大男に振るう。
 この男を倒せば、現状は一気に魔王軍にひっくり返るだろう。
 その魔人は、そう考えていた。

 スローモーションの様に時間が凝縮されていく、自らの振り下ろした戦斧が、男の持つ棒とぶつかり合い、そのまま棒切れごと男の身体をぶった斬る。
 そう信じて疑うこともなかった。
 そのスローモーションが、自らの死地を前にした走馬灯のようなものとは、思いつくはずもなかった。

 触れ合う戦斧と棍。
 ヴァリィの振るう棍は、驚異的な速度で轟音を上げ振り下ろされた戦斧が、まるで何もそこに存在していないかのように粉々に打ち砕き、その余波だけで魔人の上半身を大きく穿ち抜く。

 自分の上半身に大穴があき、命を落とすその瞬間まで魔人は自身の敗北を理解することはできなかった。

 魔王軍、指揮官クラスの最初の犠牲者であった。
 そして、そこから魔王軍の悲劇は始まる。

「老舗MMO(人生)が終わって俺の人生がはじまった件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く