老舗MMO(人生)が終わって俺の人生がはじまった件

穴の空いた靴下

320話 後味

【アイツラの言ってることは本当だな、そんな状態でやるじゃねーか!】

「攻める隙を与えてくれてもいいのよー」

【ははっ! 言うじゃねーか! 
 最初は庇われてばっかりの二人も調子に乗ってきてるしな……
 仕方ねぇ、こっちも消耗だなんだ言ってらんね~な!】

 レザースーツみたいな服にジャラジャラと巻きつけたアクセサリーがボコボコと泡立つように変形していく。苦無型の武器はその数を増やし、鎧のように変形した。

【初めて見るだろう武器にここまで対応してきたのは流石と褒めてやろう。
 だが、この武器の真の恐怖を知るのはここからだ!】

 蛇のように一つ一つがうねりだす。まるで苦無部分が蛇の頭のようにレン達を狙っているようだ。

「糸を魔力で操っているのか……?」

【今までと同じとは思わないことだな!】

 このギャッパーという男は、悪いやつではないのかもしれない。
 素直にレン達と会話をしながら戦ってくれている。優しい。

【そらよ! 唸れ百頭ハンドレッズスネーク

 実際に空中で獲物を狙っていたヘビたちは魔力によって増殖し、四方八方から白狼隊に襲いかかる。

「符術 式神召喚 鷹の舞!」

 レンが空中に札をバラマキ印を結べば(結ぶ必要は実は無い)札が鷹へと姿を変えて襲い掛かってくる無数の蛇へと襲いかかっていく。

【おうおう、ご機嫌な技じゃねーか! ちーっとぬるい攻撃で休ませちまったかな。
 しかし、こっからは休んでる暇はねーぞ!】

 レンは思っていた。この人を騙しているのは少々気が引ける。と。

『ユキムラちゃん、時間は?』

『まだ連絡はないね……ソロソロだとは思うんだけど……』

 怒涛の攻勢に今まで様に演技をしなくても防戦気味になってくる。
 ユキムラやソーカの動きもぎこちなさが抜けてくる。

【ここまで見事に捌かれるかね、全員動きが良くなってきてるし……
 これがあのお方が警戒する奴らの実力か……】

 今は捌くことに重点を置いているからいいのだが、実際に倒せと言われた時に、上手くことが運ぶのかユキムラは分析を続けていた。
 女神からGOサインが出ればこの攻撃をかいくぐり撃退しないといけない。
 卑怯な手段で時間稼ぎをしているが、ギャッパーの実力はかなり物で、ユキムラもシミュレーションを重ねているが、彼の撃退には苦心するのは間違いなかった。

 予定の時間よりも少し遅れて、その時が訪れる。

【おまたせ! 完成したわ!】

 女神の腕輪を着けたユキムラだけに聞こえるGOサイン。

『おまたせ! GOサインだ!』

『し、師匠。ちょっとだけ小芝居入れていいですか?』

『え、あ、うん。どうぞ』

 このまま急に攻め手を強めるのはレンの気が引けた。

「くそ! このままじゃ埒が明かない。
 師匠! あの技の使用許可を!」

「え? あ、うん、ヤッチャエー」

「女神の加護を受けし我らの、真なる力を今解放する!!」

 レンはただのバフのプロテクションを唱える。
 少々いじって派手に全員の身体が光り輝いている。

【まだ奥の手を隠していたか!? だが、俺の百頭の蛇の前では……なにっ!?】

 明らかに今までと圧力の違う強力な魔法がギャッパーの立っていた場所を掠めていく。
 とっさに集めた蛇でなんとかそらしたが、幾つかの苦無部分が損傷している。

「レン、あまり長い時間は駄目よ、貴方の命に関わるわ!」

 ヴァリィも小芝居に参加だ。

【なるほど、命を賭した技か……その覚悟、見事なり!
 俺も全力でお相手しよう!!】

『……師匠もういいですよ……』

 何これ、参加していいの? みたいに攻めようかどうしようか悩んでいたユキムラとソーカにわかりやすくGOサインを出す。
 レンとヴァリィとタロにはご苦労様と言ってあげたい。

【ぬお! 流石の圧力! 俺も負けてはいられねぇ!
 一切の出し惜しみは無しだ!! 九首ナインヘッズドラゴン!!】

 幾つかのヘビたちが束になり、強力な龍へとその姿を変化させる。

「凄い圧力だ。正面から受けないようにね」

 ポンコツモードから復帰したユキムラは冷静に相手の戦力を分析する。

【踊れ!! 穿て!! 薙ぎ払え!! ドラゴンズ氾濫フルゥードォォ!!】

 空間を9匹の龍が暴れまわる。それぞれ属性の異なる龍が不規則無軌道に暴れまわる。
 白狼隊は隙間ない攻撃に隙間を作り、その間隙からギャッパーへと激しい攻撃を加えていく。

「龍牙十連突き!!」

 ソーカによる連続突。その一撃一撃が龍の横っ腹を食い破る。

「槍術深淵突き!」

 僅かな隙間に狙いすましたユキムラの一突き。距離という概念を超えてギャッパーへとその穂先が襲いかかる。

「棒術遠当て、極み」

 地面をヴァリィの棍が撃ち抜くと、ギャッパーの足元から激しい衝撃波が包み込む。

「我らを守る盾となれ、プラントキャッスル!」

 巨大な植物の城壁が龍からユキムラたちを守るようにそびえ立つ。
 さらには壁面より蔦が龍に絡みつきその動きを押さえていく。

「ワオーーーン!!」

 カッ! とタロの口から放たれるレーザービーム。
 単純なエネルギーの凶悪な塊が目にも留まらぬ速度でギャッパーを撃ち抜いていく。

 突然のすさまじい攻勢、レンが命をかけて引き出した力と信じていたので出し惜しみせずにその力を奮ったが、圧倒的な攻撃が一斉に襲い掛かってくる。

【ぐあぁぁぁぁぁ!! ば、馬鹿な……人の命の持つ可能性はここまでか……
 ま、まずい……
 あくまで俺の役目は現状の把握!
 ここで消えるわけには行かない!!
 今日はここで引く!
 いつの日か必ず私の本当の力を見せてやる!
 俺は貴様らに負けたのではない、この仮初の肉体と、人間の命を賭した覚悟を甘く見ただけだ!】

 腕も吹き飛びボロボロなギャッパーは最後の力を振り絞り空間を引き裂いてその場の脱出を試みる。
 これで女神たちの罠は発動するはずだ。

 ちょっと後味は悪いが、女神からのクエストはここに無事に成った。

「老舗MMO(人生)が終わって俺の人生がはじまった件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く