老舗MMO(人生)が終わって俺の人生がはじまった件

穴の空いた靴下

304話 女子会その1

「ちょっと早いけど今日はここでキャンプとします。今日で6日目なので明日は一日休息日とします。
 明後日からは上に戻って帰宅となります」

 ユキムラ先生のお話である。
 イベント戦闘を終え、第一回目のアリシアを伴った訓練は大変有意義なものだった。
 全員の成長は見て取れるし、特にアリシアの成長は目をみはる物があった。

 少し時間は早いが、白狼隊名物のバーベキューで労をねぎらう。
 久々のドラゴン肉の登場にソーカのテンションもフルスロットルだ。

「女子の皆様は二次会がご用意されておりますので、少々お腹に余裕を持っておいてくださいますように」

 ナオがアナウンスをする。まぁ、ノリってやつだ。

「だ、男子も二次会やるぞー!」

 ユキムラが乗り切れずに乗ってみたの図である。

「皆さん、二次会前にはお薬出しておくので先に飲んでおいてくださいね……」

 レンは呆れ気味だ。どうせ酔っぱらいの世話はレンが世話することになる。

「レン様、どうか楽しんでください。自分が後はお世話致しますので……」

 レンにも強い味方が出来た。コウはヴァリィ並のザルだった。
 この世界の成人であるコウは飲酒も可能だ。

「二日酔い対策の薬は渡しておくから、朝死んでる人いたら口に突っ込んで、二日酔い防止用の薬は多少酔いにくくなるから言われたら出してあげて……」

 苦労人から色々と飲み会のときの作法を教わるコウであった。



 男たちが男子会と言う名のただの飲み会の延長戦にはいった頃、女子たちは室内で女子会を開催していた。
 テーブルの上には女子の夢が広がっていた。

「フルーツやケーキ、各種スイーツを取り揃えました。
 あちらのケースにはシャーベットやアイスクリームなども取り揃えております。
 カクテルもご要望があればおっしゃってください、あちらのカウンターでお作りいたします」

 ソーカもアリシアもメリアも目を輝かせている。
 タロは尻尾を振っている。マスコット代わりに穏やかな女子会に参加中である。

「「「「かんぱーい」」」」

 シャンパンで乾杯だ。この世界でシャンパンというか炭酸の飲料は貴重だ。
 お酒などは製造段階で炭酸が生じることもあるが、保存しておく技術がそこまで発達していない。
 キンキンに冷やしたシュワシュワとした炭酸飲料というのが貴重なのだ。
 どんなお酒も原材料があればスキルでポンと出来てしまうのがユキムラ達の恐ろしいところだ。

 女子たちはあつらえの良い絨毯の上に好きなクッションを抱えて会話に華を咲かせている。
 はじめは今日のアリシアの功績を称え、ソーカとの師弟の熱い関係、そしてズッ友だよの契り。
 いつの間にかソーカとアリシアは長年の友人のように気心の知れた関係を作っていた。
 そして段々と話は恋愛関係の話になっていく。
 この頃にはナオも仕事を止めて一緒に話に混じっている。酔っ払ってきたソーカが命令した。

「だって……アリシア素敵だから……ユキムラさんとられるかって怖くってさぁ……」

「お互いあの時は酷かったもんねぇ、だってユキムラ先生かっこよくて、しかもとんでもない冒険者で、しかも女神様の使い……運命の人かな~って浮かれちゃったの……ごめんねソーカ……」

「今は……今はもう、いいの?」

「うん。自分の可能性を見つめているのが楽しすぎて、あー、でもね。怒らないでねソーカ。
 人間として、目標として、ユキムラ先生のことは以前より尊敬しているし好きだな。
 恋愛じゃなくてね。人間はここまで成長できるのか、って目標的な……」

「……わかる……」

 いきなりアリシアに抱きつくソーカ。

「やっぱりアリシア大好き。同じ人に同じこと考えるんだもん」

「ありがとうソーカ。私もこんなに対等な友達が出来て本当に嬉しい……」

「……それにしても……凄いわねこれ……」

 抱きつくと物凄く柔らかいクッションが当たるかのごとくソーカの胸を包み込んでいた。
 ソーカも旅による成長ですでにDぐらいには成長していたが、それを完全に包み込む。
 人をダメにするクッションのように包み込む。

「ちょ、ソーカ。あんまり揉まないでよ……」

「アリシア様……部屋着だと……一層凄まじいですね……」

「……いいなぁ……」

 メリアはもう伴侶も居るし、少しふくよかではあるが母としても魅力的な体つきをしている。
 ナオは、今後の成長に期待したい。

「ナオちゃん、良いことばかりじゃないわよ……男どもはバレバレのいやらしー目で見てくるし、なにより服が可愛いものがなくて、あと、肩こりも……」

「いい薬あるわよー、私も最初の頃訓練で身体バキバキだったから、ほんとユキムラさんはありとあらゆる事に詳しくて……」

 ソーカはシート状の貼り薬を取り出しアリシアの肩に貼り付ける。

「ひゃう!」

 冷たさにびっくりしてしまうが、すぐに心地の良いひんやり感が肩に広がり驚くように張りと痛みが引いていく。

「凄いわねこれ……」

「ソーカ様、よかったら私にも頂けませんか? 最近の連戦で肩と腰とふくらはぎが張ってしまって……」

 全員激しい戦闘で何らかの身体のダメージは蓄積している。
 あっという間に湿布だらけの女性陣だ。
 部屋に用意されたアロマの香りと湿布の香りが入り交じる。
 それでも湿布による心地よさは女性陣を蕩けさす。

「そ・れ・に・し・て・も、ナオー?」

「は、はい! 何でしょうか?」

 突然アリシアに後ろから抱きつかれて驚いてしまうナオ。ほんとにすげーなコレとダブルで驚く。

「コウとはどうなのよ?」

 アリシア氏、気持ちよく飲んで珍しく酔っていらっしゃる。
 長い夜はまだまだ続く。




 

「老舗MMO(人生)が終わって俺の人生がはじまった件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く