老舗MMO(人生)が終わって俺の人生がはじまった件

穴の空いた靴下

266話 銀龍戦

【ガッ!】

 開始の合図は銀龍のブレスからだった。
 予備動作もなく突然放たれるブレスは、全てを凍り付かせる極寒の冷気。
 普通の生物なら、そのブレスを浴びて生命活動を凍り付かせていただろう。
 しかし、白狼隊は即座に防壁を作り、バフをかけ、タロがお返しとばかりに巨大な光線を吐き出して銀龍のブレスをかき消す。
 これが、白狼隊だ。
 すべてが終わったと思っていた銀龍はタロの反撃に虚を突かれて空中へと回避する。
 無防備の回避行動に攻撃を合わせようとすると金龍がその尾を振りかざしてけん制してくる。
 尾の先端は超高速となり衝撃波が白狼隊を襲う。

「よいっしょっと!!」

 ヴァリィが棍を大地に突き立てると巨大な衝撃が壁となって白狼隊を守る。
 中途半端な妨害など嚙み潰す自信があった金龍の思惑は見事に砕かれる。
 白狼隊を包むように作られた障壁が見事に金龍の衝撃波を防ぎきるのを見て金龍から遊びが消える。
 同時に銀龍からも全力をもって白狼隊を潰すというスイッチが入ったような気配がする。

「やっと本気になったようですね」

 レンは周囲に様々な準備をしながら相手の分析を進める。

「どうやら銀龍の方が水・風属性、金龍が火・土属性は使いそうだね。
 予想だけど、銀龍は闇、金龍は光かな。
 金龍が物理スキル多様型、銀龍が魔法スキル多様型だと思う。
 自由に空中移動されるときついから、行動範囲を限定させるように先回りで行動して、最大火力をぶつけ続けるしかなさそうだ」

 ユキムラの過去の情報と合わせることで一合の立ち合いから大量の情報を得る。
 ユキムラから伝えられた情報をもとに、すぐに全員がどう動くべきかを判断する。
 これが、パーティとしての白狼隊の真の怖さなのかもしれない。
 銀龍には息をつかせぬ直接攻撃の雨あられ、金龍には阻害魔法で思い通りの動きができないように、パーティとしての指標が立つ。

 ユキムラとオトハは一気に銀龍へと接近を試みる。
 タロがいればさらに楽だが、よりいけ好かない態度をとっていた金龍へと向かった。
 白狼隊が一番恐ろしいのは、ユキムラとオトハ以外の全員が金龍と戦うという、一見二人を見捨てるような選択肢が、最適な解であることを判断して、さらにそれをきちんと実行できるところだ。
 魔法攻撃による攻撃が主体であれば、人数の有利は意味をなさない。
 それよりも最少の人数の淀みない物理攻撃の継続がもっとも銀龍の戦闘スタイルを崩せる。
 それが、全員が導き出した答えだ。
 そして、それを最も効率よく行えるのが、すべての白狼隊のTOPであるユキムラと、テンゲン和国のTOPであるオトハコンビによる共闘。
 頭ではわかっても、本当に戦闘を任せるのは非常に勇気がいる組み合わせだ。
 しかし、白狼隊の戦士たち迷いなくそのカードを切ることができる。
 お互いへの信頼と、ユキムラに対する信仰にも似た信頼のなせる業だ。

「オトハちゃん、しばらく話せないから自己判断で!」

「わかっておる! 背中は任せるのじゃ!!」

 その答えだけでユキムラは安心する。自分の背中を預けるに値する人間がこの世界には確かに存在する。オトハはそんな人間の一人だと疑うことなく信じられるのである。

「さーて、どんだけ頑丈か知らないけど、泥沼に引きずり込むよー!」

 ユキムラはぺろりと唇を舐める。
 どのようにして銀龍をこちらの思惑通り塩漬けにするか、その手順を頭の中でシミュレーションするだけでゆがむ口角を抑えられない。
 PvPにおける絶対王者の姿がそこにはある。
 相手は人型ではない龍。相手にとっては不足なしである。

「まずは地面に降りてもらおう! グラビティフィールド!」

 銀龍が浮いているエリアの上空に空間のゆがみが生じる。
 基礎的な魔法だが飛行系の敵を相手にするときは取り敢えず使っておく位置づけだ。
 銀龍もその巨体を地に晒すことになる。
 もちろん飛び立つことも飛行することも少し努力すれば出来るのだが、自由に空を支配していた銀龍にとっては不愉快の一言に尽きる。

【ガアァッ!!】

 その不愉快な気持ちをブレスに載せてユキムラ達に浴びせかけてくる。
 属性が判明しているブレスはどんなに強力だろうが避ける必要もない。
 それでも無駄に危険に踏み込むことはない、ミスリードさせてぞくせいを変えてくるなんてのは個人間の戦闘では当たり前のように存在する。
 ユキムラもオトハも見事なステップでブレス攻撃を避けながら距離を詰めていく。

「とりあえず、挨拶代わりだ!」

 コバエを払うように尾による攻撃とそれに続く爪の斬撃を華麗に躱し、銀龍へと肉薄する二人。

「「阿吽交神 豪打爆裂掌!!」」

 表の型、裏の型が存在し、それを同時に敵に当てることでダメージ倍率が跳ね上がる協力技。
 ユキムラとオトハが放てる直接攻撃で最も強力な技を銀龍の身体に捻り込む。
 2つの拳が表裏同じ位置を同時に撃ち込む事によりその衝撃波は敵の体内で爆発する。
 それが目にも留まらぬ速さで叩き込まれていく。

【ゴバァ! ガアアァァァァァァ!!】

 大量の血液を吐き散らしながら、もんどりをうって身体をくねらせ叩きつけてくる。
 しかし、すでに二人は距離を取り次の手を打つ準備に入っている。

「オトハちゃん! 次行くよ、っておっとぉ!!」

 ユキムラは自分たちに降り注ぐ光の群れを飛び退いて避ける。
 地面に着弾し土煙を上げる。
 銀龍の鱗だ。見ると銀龍は体表の鱗を逆立てながら怒りに満ちた表情で二人を睨みつけている。
 派手な吐血はしたが、動き自体はまだまだ迅速、緩みは見せてくれない。
 距離が空いたと見るとブレスに魔法、そして鱗の広範囲掃射によって攻撃のタイミングを作らせないような怒涛の攻勢を見せる。
 普通の相手ならその激しい攻勢に打つ手無く塵芥にされてしまうだろう。

「激震烈脚!」

 オトハが気合とともに大地を踏み込むと、激しく地面はめくれ上がり銀龍までの土壁の道を作る。
 同時に銀龍の足元をえぐり取り体勢を崩す。
 ユキムラはその一瞬で作られた道を駆ける。
 鱗の妨害も魔法の詠唱もその疾さには追いつくことは出来ずに銀龍の懐に潜り込む。 

「天衝双掌!」

 強力な気の乗った双打、撃ち込みの寸前に重力場をもとに戻すことによって、銀龍の巨体が空中に打ち上げられる。

「落鳳斬蹴!」

 すでに空中にはオトハが翔んでおり、強力な蹴りの一撃を銀龍に叩き込む。

「乗勢櫓落とし!! 空転天地返し!」

 落下の勢いを加速させ地面に投げつける、凄まじい振動が周囲に響き渡る。
 間髪をいれずに龍の腕を取って天上へと投げ上げる。
 ユキムラは技としてだけでなく重力魔法も併用することで巨体を投げ上げることを容易にしてさらに加速をかけていく。
 二人で組むとコンボ技が広がりを見せるのが魅力で、特に息の合った上位プレイヤー同士による魅せるコンボ集は人気動画の一つだった。

 空中に高々と放られた銀龍を待つのはオトハ。

「神気呪縛、天落崩山落とし!!」

 気を通した帯によって相手の自由を奪い、受け身の取れない状態で超加速して地面へと叩きつける投げ系最上位の技だ。
 相手が巨体であっても関係ない、むしろ巨体のほうが落下エネルギーが大きくなる。

「トドメだ!! アーススパイクからの、バウンドグラウンド!!」

 その巨体が落ちてくる地面はユキムラが魔法により棘状に変化し、そして凄まじい勢いでせり上がる……

 銀龍を守る強靭な鱗は無残にも食いちぎられ土の槍に食いちぎられる。
 叩きつけられる衝撃で骨が砕ける音が響く、オトハの帯によって声も上げられない銀龍は、ビクリと一度身体を痙攣させ、光の粒子となって霧散していくしか無かった……

 






「老舗MMO(人生)が終わって俺の人生がはじまった件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く