老舗MMO(人生)が終わって俺の人生がはじまった件

穴の空いた靴下

176話 準備準備

 ユキムラは前日のディナーで少々人酔というか、慣れない人との会話でお酒を利用したので朝の鍛錬の時間には起きてこなかった。
 ソーカはいつもどおりきちんと朝の稽古を行っており、朝の鍛錬に来ない理由もわかっていたためいつもより刀を握る力が強くなっていた。
 今日はソーカの朝食当番日なので軽く汗を流して朝食の準備を行う。
 イライラはしていたが、ユキムラたちのために胃に優しい朝食を作ってあげるソーカはとてもいい子なのだ。

「おはようございますユキムラさん。昨夜はお楽しみでしたね!」

 ドンッと卓上に食事が置かれる。
 野菜が細かく煮込まれたスープ。スクランブルエッグと白身魚のスパイス焼き、それにパンだ。
 ユキムラが身支度をして食卓へ来るとわかりやすく不機嫌なソーカが朝食準備をしていた。

「れ、レン……どうしよ……」

 コソコソとレンに相談するユキムラ。
 それがまた怒らせるわよーとヴァリィは内心思っているが触れぬが仏。
 夫婦喧嘩は犬も食わないのだ。もちろんタロも食べない。

「耳元で愛してるのは君だけだよって言えばいいんですよ」

 昨晩散々ソーカの愚痴に付き合ったレンもややうんざり気味であった。
 そして今の適当な助言を実行しようと立ち上がるユキムラを、慌てて止めるハメになる。

「じょ、冗談ですから師匠。とりあえずは約束してたデートに早めに誘ったほうがいいと思いますよ?」

 ユキムラはデート? って顔してポカーンとしてたが、いつぞやの事を思い出して赤面してうつむいてしまう。
 あ、この人あんな大事なことを忘れていたのか、そりゃソーカねーちゃんも怒るなぁとレンはココロの中でため息をつく。

 それからユキムラは意を決したのか、ガバッと立ち上がってキッチンへと歩いていく。
 手と足が一緒に出ているほどガチガチだ。

「ユキムラちゃんって変わってるわよねー、あの見た目ならもうそれこそ引く手あまたでしょうに……」

「師匠は人見知り凄いですからねぇ……」

 しばらくして戻ってくる。耳まで真っ赤だ。
 その後に、わかりやすくルンルンなソーカが皆の朝食を運んでくる。
 ヴァリィとレンはヤレヤレと肩をすくめ合う。

 そんな朝の一幕もあったが、各地の街への伝令が戻ってくるまでは内職主体になるので、ここでデートをしておくのが一番現実的だった。
 伝令が戻ってきたら各街を高速で回りながらの旅とMD攻略というイベントが目白押しだ。
 そんなわけでデートは二日後に予定されている。
 あとで調整を入れるとは言えGUは雛形を作成していく。
 一度完成していれば素材があればコピーはあっという間だ。
 性能に合わせて難易度は上がるが、ユキムラにそんなことは関係ない。

「しかし、これらがあれば世界征服とかできそうですよね」

「本来の目的は自分の砦を守る対人兵器だからなー」

「え、ユキムラちゃんそれじゃぁ死人が出るでしょ……」

「うーん、何ていうか復活できるのが前提のゲーム的な試合的な?」

「ユキムラちゃんの世界は凄いのねぇ」

「師匠のいた世界……」

 みんななんとなくユキムラが呼ばれた前の世界の話はしてこなかった。
 ユキムラのもたらす不思議なスキルや様々な知識、技術はこの世界とは異質なものであることは気がついていた。しかし、自分たちも話を聞けば理解して実践できる。
 来訪者であることに珍しさはあるが、同じ人間であることは疑いもしなかった。
 なによりもレンにとっては大切な師匠、ヴァリィにとっては新しい扉を開けてくれた恩人なのだ。

「でも、ヴァリィの時に心の底から誰も死んでほしくないと痛感したよ。
 そのためなら俺はこの世界の仕組みを変えてでも皆を守りたいと思った。
 変な遠慮もしない、出来る限り、今打てる手は打っておきたい。後悔のないように……」

「お手伝いします! 師匠!!」

「私もできる限りの協力は惜しまないわ!」

「何の話で盛り上がっているんですかー?」

 ソーカが買い出しから帰ってくる。
 レンとヴァリィが可哀想なものを見るような目でソーカを温かく見つめている。

 デート当日までは穏やかに採取に開発に作成と思うがまま内職に明け暮れていた。
 しかしそのウラでヴァリィとレンによるデートハウトゥー講座が開催されていた。
 だてに50過ぎまでまともに女性と話したことのない人間は慣れたとはいえ本質は変わっていないのだ。
 基礎の基礎からしっかりと叩き込まれる。

「師匠は素直なのはいいんですが、いい方にも悪い方にも素直なので、一回考えましょう話す前に!」

「基本的に女の子は褒められて嫌な気持ちになる娘はいないわ、でも、大食いを褒めても喜ばないの!」

「む、難しい……」

「「……はぁ……」」

 それでもユキムラなりにソーカに楽しんでもらえるように頑張って勉強していた。
 地元の人に聞いて人気のスポットやお店など一生懸命頑張っていた。
 ソーカに隠しているつもりだが、バレバレだったので、その事実だけでもソーカは幸せな気持ちになっていた。

 そしてデート当日を向かえることになる。





 

「老舗MMO(人生)が終わって俺の人生がはじまった件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く