老舗MMO(人生)が終わって俺の人生がはじまった件

穴の空いた靴下

130話 旅の準備とポーション開発

 今、ユキムラ達は兵士訓練場に来ている。
 今日の目的は今回ダンジョン探索で手に入れた各種薬草、毒草、植物たちを管理する場所を作るためである。
 採取で回収すればなんと薬草の無限増殖装置が作れる。チートとしか言いようがない。
 大山脈の直ぐ側、霊脈と言われる気の流れが豊富な場所のほうがいい素材は採れる。
 このエリアを開拓して採取エリアを構築する予定だ。
 ハーブ園のような感じで区画を分けて、作業がしやすいように街の建築班に、レンが中心となってにょきにょきと建物が完成していく。
 ユキムラがアイテムボックスからどんどんと区画分けされた場所へ植えていく。
 各植物の特性に沿って適正な環境を作りながら植えていく。ユキムラはこういう作業が大好物だ。
 あっ! と言う間に設備を完成させてしまう。

 そして、その隣はポーション作成工場だ。
 調剤は少しの変化で薬にも毒にもなるので厳密な管理が必要だ。
 調剤スキルで伸びたのはファス村でも薬草などを扱っていたレンの母サリーさんだった。
 あの天然色ボ(自主規制)に一抹の不安を覚えたユキムラだったが、調剤においては正確無比な確かな技量を発揮してくれていた。
 サナダ街へ移り住んでくれた医師とともにこの街の住人の健康を支えてくれている。
 新たな職場で、さらに多彩になった薬草類を使ってより確かな働きを示してくれることだろう。

「そしたらサリーさん、今回手に入れた各植物のデータはこれにまとめておきました。
 非常に危険なものもありますから、十分注意なさってください」

 未だにサリーさんには妙に敬語になってしまうユキムラ。

「かーさんもあまり上級なポーションは大量に作らないでバランスよく作ってくださいね。
 一応計画書もこちらにあります。それでは皆さん母をお願いします」

 レンも他の薬剤師達に頭を下げる。
 ポーションの生産が軌道に乗ればギルドからの申し出に答えることもできる。
 良質なポーション作成はこの世界で非常に難易度が高い。
 結果ポーションの値段は非常に高価になっていく。
 もちろんユキムラは既存の職人の領分を侵すことのないように十分気をつけている。
 大抵すでにポーションが作成できる人間は非常に高い調剤スキル適正があるため。
 ユキムラは調剤スキルがある程度に達した人間を、薬草などを贈与する。と言う体裁で各地の薬剤師の調剤スキル発現に送り込んだりしている。
 そういったやや謀略の類に近いが、策によってポーションの流通はかなり改善している。
 今後の旅のためにもユキムラは今回手に入れた植物でいろいろなポーションを補充した。
 その見事な手腕を調剤部門の人々が口を開けて見とれていた。
 上には上がいる。そう気がついた調剤部の方々はより一層の研鑽を積んでいく。

 最後にユキムラ達は大食堂を訪れる。
 この食堂はこの街に住む住人なら14歳以下は無料で食事が可能だ。
 労働による支払いにも対応しており、最低限の食事で困ることはこの街ではない。
 調理スキルの練習場としての意味合いも兼ねている。
 大食堂という名前からは想像できないスタイリッシュな作りになっている。
 螺旋状に食事スペースがDNAのように2重螺旋になっている。
 外面は大きく窓が取られて高級レストランもびっくりな作りだ。
 皆笑顔で楽しそうに食事している。

「師匠が提案したおかずを自分で取ってメニューを作るスタイルは大変好評ですね。
 内部はアイテムボックスと同じ作りなのでいつでもできたてですから」

「これならバランスよく食事取れるし、自分の食べたいように組み合わせられるからね」

 現実と違って廃棄問題が起きない。なんて素晴らしい世界なのだろうか……。


 一通り現状の街を視察して満足したユキムラ達は、街への支援のお礼も兼ねてケラリス神国から来てもらっている神父との会食を設けた。

「はじめましてユキムラ殿、私がケラリス教のサナダ街神官を勤めさせていただいているヨッソと申します。」

 差し出された手を握りながらユキムラも笑顔で返事を返す。

「ヨッソ殿、この度の人的支援には本当に感謝しております。
 子どもたちの教育に関しては高い教養をお持ちのケラリス神国の方々の協力が不可欠ですから」

「いえいえ、ユキムラ殿の高い理念に我が国の教皇もいたく感心しておりますから」

 ケラリス教は月の女神アルテスを始めとする多神教の宗教だ。
 VOの世界では基本この宗教以外はごく小さな地方信仰か邪神信仰とかになる。
 基本的には女神様はいつでも貴方を見ているから出来る限り胸を張れる生き方をしましょう。
 という、サナダ街の考え方とも矯正できる教義になっている。
 肉も酒もOK、ただし醜く酒に呑まれるのは気をつけようね? という結構大らかな宗教だ。

 今後の展望などを話し合い、有意義な場を設けられたことは、お互いにとって有益なことだった。
 更に細かな打ち合わせはレンを中心に内政官が詰めていってくれる。

 こうしてサナダ街の将来は依然として明るい未来が待っている。
 ユキムラの求める理想的な集合体を皆が一生懸命支えているのだ。

 

「老舗MMO(人生)が終わって俺の人生がはじまった件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く