老舗MMO(人生)が終わって俺の人生がはじまった件

穴の空いた靴下

27話 戦闘に没頭

 ユキムラは2階マッピングを終えると延々と狩りをしている。
 この階層ではパーティを組んだホビットやゴブリン、ラット、バット、などがメインだ。
 巨大なゲジゲジや、ダンゴムシ、ゴキブリ系虫モンスターもちらほら出てくる。
 リアル映像での虫はユキムラでも少し気持ち悪かったが、まあ数百体も倒せばすっかり慣れてくる。
 魔石の数もホビット当たりは1000を超えてくる。
 即湧きMOBはいくらでもいるからグルグル回って狩り尽くす勢いで戦闘を継続する。
 流石に半日狩り続けていたので休憩に1階へとつながる階段部分の休憩所に戻る。

     △▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

 ユキムラ サナダ

 JOB:従者
 BLv 51
 JLv 7

 HP:828
 MP:267

 力   80
 素早さ 1
 体力  1
 知性  1
 器用さ 1
 幸運  1

 JOBスキル:足捌きLv10 片手剣Lv10 パリィLv10
     クリティカルLv10 カウンターLv10 収納上手Lv10 鑑定Lv10
     販売Lv10 買い取りLv10 店舗開設Lv10 魔道具知識Lv10 魔道具作成Lv10
     魔石知識Lv10 魔石作成Lv10 魔道具鑑定Lv10 基本回復魔法Lv8 基本聖属性魔法Lv6
     魔力盾マジックシールドLv10 神聖道具知識Lv7 神聖道具制作Lv7 

 特性:秘められた才能《取得経験値全てにボーナスが付きます》
    回復魔法効果上昇

 一般スキル:採取Lv35 調理Lv22 作成Lv29 調合Lv28 釣りLv21 解体Lv3 狩猟Lv19 採掘Lv38
       魔道具作成Lv30 建築Lv15 裁縫Lv12 改造Lv30 農業Lv14 畜産Lv16

 称号:ゴブリンスレイヤー 
    ミニゲームマスター:ミニゲームでPerfectを1000回行った証
    ミニゲームスペシャリスト:ミニゲームでPerfectを5000回行った証
    一般スキル初心者:一般スキルの合計が50に到達した証、スキル上限が20になる。
    一般スキル初級者:一般スキルの合計が100に到達した証、スキル上限が30になる。
    一般スキル中級者:一般スキルの合計が250に到達した証、スキル上限が50になる。

 △▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

「ふー…」

 持ってきた魔石コンロでお茶を淹れる。
 戦闘による肉体的な疲労は感じないが洞窟散策で歩いているのは少し疲れる。
 それでも戦闘になればスイッチが入ったように戦闘行為を行える。
 それに甘えるのは少し危険な気がしていた。
 きちんとした安全域を確保しつつ戦闘することを心がけている。

「さて、本来Lv50のダンジョンだからここまでは順調にレベルが上がったし、
 今回はこのくらいにしておくか……」

 無理はしない。
 初めてのダンジョン探索はあまり無茶して死に戻りなんてしてるとどんどん先を越される。
 しっかりと準備して一発突破していく。
 今はべつにファーストアタックを競う相手もいないのでしっかりと準備をする。
 事前準備の大切さはしっかりと理解しているユキムラであった。

 とりあえず冬の間にダンジョン内は全てマッピングと照明設置を済ませる。
 採取と採掘が出来るセーフティーゾーンを作り村民による材料採取を行えるようにする。
 ダンジョン内の採集や採掘はフィールドよりも質の高いものを得ることが出来る。
 最終的には戦闘訓練兼採取場にしていきたい。
 そうすれば今よりも上質な物が沢山手に入って魔改造や研究が捗る。

「ぐっしっし……」

 いやらしい笑い声が静かにダンジョンに響くのでありました。



「あーー! 外はいいなぁー!」

 もと40年間引きこもりとは思えないセリフだ。
 森の遺跡に差し込む朝日、ユキムラは夢中になって一晩中戦闘と採取に明け暮れて外は日の出時だった。

 当初の予定は2,3日だから予定通りではある。
 ユキムラも一日くらいの貫徹なんて大して珍しいことじゃない、イベントなどで1週間くらいろくに寝ないで狩り続けるなんてことをやっていたから、脳みそ半分寝かしながら操作するなんてことも……

 遺跡のダンジョンから村への道が行きのときよりも舗装範囲が伸びている。
 村の人達が日々開拓を続けてくれている証拠だ。
 元ゴブリン村までは石畳の道が整備されている。
 獣道から石造りの道へ出るとかなり歩きやすくなる。
 ユキムラは村への足取りを早くする。
 今回手に入れた大量の素材も吟味して次のダンジョン散策の準備や、新たな開発に胸を躍らせる。
 ダンジョンを出た時点で狼煙を上げていたので村の外にレンが待っていた。
 まだ夜明けから時間もそんなに経っていないが、師匠の帰りを待ち望んでいた。
 ユキムラの姿を認めると勢い良く飛びついてくる、子犬のように嬉しそうに走ってくるレンにユキムラはまた人の温かさを感じるのでありました。

「師匠! 僕も普通の人に指導ができるようになりました!」

 帰宅と同時に大変重要な吉報がレンからもたらされるのでありました。

「老舗MMO(人生)が終わって俺の人生がはじまった件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く