話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

吸血鬼転生者は異世界で好きなように過ごすようです

折紙ヨウ

初日 2

ガラガラガラ

教室に入って席を見ると窓側が9席ほど空いてたのでそこに座って 時間を潰していた

席はこんな感じ

                         教卓
              席席席席席席席席
              完完完席席席席席席
              完完完席席席席席席
              完完席席席席席席席
              席席席席席席席席席

            窓側の2.3.4の8つ
            完のところが私たちの席

            クーナ   ユキ   ミラ
           ティナ  シャル  フローラ
           クロエ  メア

こんな感じの席順

「ーーでね、って聞いてる?シャル!」
「ごめんなさい考えごとしてたわ
…っとそろそろ先生来るんじゃないかしら」

ガラガラ

「私がこのクラスの担任のイザベラですよろしくお願いします」
「では、順番に自己紹介をお願いします」

改めてクラスメイトを見てみると
人族が多いけどちょくちょく亜人族も混ざっていて結構welcomeな感じがした

「次、ユキノさん」
そんなことを考えていたらユキの番まで来てしまった
ミラとフローラもいつの間にか終わってたし

「ユキノと言います…、シャルロッテ様のメイド兼従者をやっております…よろしく、お願いします」
「ありがとうございます
では次、シャルロッテさん」

ユキも少し止まったけどちゃんと言えてたし成長したな…何か恥ずかしい

「シャルロッテ・リ・クレアです
いろいろなことを学べたらいいなと思っていますのでよろしくお願いしますね。それとよかったらお友達になってくださいね」

よし!噛まずに笑顔で言えた!大丈夫だよね変に思われてないよね?友達できたらいいな…

「自己紹介も終わったので校舎を見て回ります校舎は広いのでなるべく覚えて下さいね」

確か校舎って何個かに分かれてて結構ひろかったきがするんだけどな~?
そう思っているとクラスの男の子が聞いてくれたんだけど闘技場や訓練所等の主なところだけ回るそうです

「ここが訓練所で、自主練習や闘技場がかぶった時に使うところですね」

「ここが闘技場で魔法や武術の授業の時に使うところですね」

「ここが治療室です訓練や授業で怪我をした時はここに来てくださいね」

訓練所と闘技場は横並びに建っていてその近くに治療室がある

「ここが図書室ですね読みたい本や書物をする時はここに来てくださいただ静かにしてくださいね」

「ここが食堂です昼食はここでもたべれますから」

購買所は校舎と闘技場の間にあり食堂の前に図書室がある

「主なところはこんな感じですねあとはクラブ棟が北側にあります男子寮、女子寮の場所はわかりますね」
「それでは教室に戻りますよ」

男子寮は南側にあり女子寮は東側にある
どちらの寮にも食堂があり朝と夜はそこで食べてもいいし作って食べてもいい

「これが1週間の予定なのでこの日はこの教科を持ってきてくださいね
じゃあ教科書配りますよ」

教科は歴史と数学と魔法と武術の授業があり3年生になると専門科が増える

「今日はこれで終わりです明日からクラブ見学が始まりますから2週間は授業が午前までなので覚えておいてくださいね」
「あと、明日は決め事をしますから何も持ってこなくていいですよ」
「皆さん、さようなら」
『さようなら』

「みんなお昼どうする?」
「私は今日はお城に戻らないと行けないから先に帰るわ…」
「そっか頑張ってね」
「うん」

ティナは用事があるのかお姫様って大変なんだな

「ほかは?」
「「私達はシャル様の決めた所で」」

この2人はいつも通りだね

「フローラ達は?」
「私はその食堂に行ってみたいです」
「私も」
「私はどっちでもいいです」

フローラとミラが食堂がいいのか

「じゃあ食堂にしよう!」
『はーい』

食堂は寮とは違って結構いろいろとあるし結構広いから迷うだろうな…まぁいいでしょう

「吸血鬼転生者は異世界で好きなように過ごすようです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く