吸血鬼転生者は異世界で好きなように過ごすようです

折紙ヨウ

閑話 クーの日常

私達は盗賊に誘拐されて奴隷にされました。
私達は他の奴隷の人たちに奴隷になったら最悪な生活を送ることになると言われてました
しかし彼女達の言っていた話とは全く違う生活でした

数年前から奴隷になってまた売られたと言っていたフランさんもこんな生活が送れるなんてと話していました
フランさんは私達を買ってくださったシャル様の弟のノア様のお世話役、そして私とユキノとシリカさんはメイドとしての勉強と戦闘の訓練を用意して
私達にも1人1つの部屋も用意してくださりました。
そして月日が経つと私達を奴隷から解放してくださった上でここのメイドとして過ごすか元の生活つまり家族のところに戻るかを選ばしてもらいました
私達は4人ともすぐに決断をしてここに残りメイドとして頑張っていこうと思いました

シャル様が5歳になった頃初めてシャル様がテンパッて怒っているところを見ました。
シャル様は初めてのお友達の第3王女様とフローラ様と遊ぶ約束をしている時に攫われてた時でした
シャル様は全身全霊を持って盗賊団を倒し疲れた様子で帰ってきて心配させてごめんねといい寝てしまいました
すごく疲れていたんだろうなと思いました

次の日私とユキノはやはり私達は友達にはなれないと思いそのことをシャル様に言ってしまいました

「私達はやはり友達ではないのですか?」

シャル様とはずっと一緒にいたのでつい話してしまいました
するとシャル様は「何を言っているの?あなた達はフラン達もだけれど家族でしょう?」
と言ってくださいました
私達は泣いてしまいましたシャル様は私達を家族と言ってくださりその日はあまつさえその日は一緒にお風呂そして寝て下さいました
シャル様との距離が少しだけ近付いたきがしました

屋敷に戻るとアリシア様が怒っていました
あとシャル様が話してくれたことをフランさん達にも話しました

「シャル様がそんなことを?」
「そんなんです!あの時は思わず泣いてしまいました」
「うん…嬉しかった!」
「へーいーなー私も直で言われたかったし
シャル様とお風呂入りたかった~」

シリカちゃんはたまに凄いことを言いますね
私も同意見ですがまた一緒に入りたいです!
ユキノもシャル様の話をする時はなんか活き活きしてるんですよねこの前もシャル様は私達の誕生日も祝ってプレゼントを下さるんですがこの前のユキノの誕生日の時はユキノが街に買い物に行ったりするとたまに見ていたネックレスをプレゼントしてくださり私の誕生日にはブレスレットを買って下さったりとよく私達のことをよく見てくださっていて凄く嬉しいです
話がズレましたが私達は7日間に1回休みの日がありたまにみんなで休める日があるのですが大抵シャル様やクロエ様そしてアリシア様達が私達にどんなことをしてくださったかや私達が何をしたかなどを話したりしてるうちに私達は仲良くなりました


王都から帰ってきて3ヶ月した頃フローラ様がやってきたのですがフローラ様もとても優しくしてくださりました。
フローラ様が帰るとシャル様は武器を作り始めました。
シャル様はたくさんの武器を作っては作り直し
武器ができると名前をつけて新しい武器を完成させていました。
シャル様は自分の武器を作り終わると今度は私達にも作ってくださりました
私なら聖剣 鏖殺公サンダルフォン
贋造魔女ハニエルの弓
鏖殺公は黄色と黄緑ベースで黒が少しだけ入った剣で
贋造魔女は銅を使っている緑ベースの弓で矢は魔力を注ぐと自動的に増えるようにしてくださった

ユキノは聖双剣の朱雀と白虎
主神のグングニル
朱雀は赤色ベースで金と青が混じっていて白虎は白ベースで黒と黄色が混じっている
主神の槍は銀ベースで青赤黄が混じった色合い

フランさんには短剣 灼爛殲鬼カマエル
氷結傀儡ザドキエルの弓
灼爛殲鬼は赤色ベースに黒が少し入っていて
氷結傀儡は水色に白と銀が入っている氷結傀儡も同じく自動的に増えるようにしてくださり

シリカちゃんには囁告篇帙ラジエルの杖
灰色ベースで黒と金が少し混ざってる
とナイフを作ってくださりました

あとルルーシュ様に騎士学校に行く時に
魔剣レーヴァテインを渡していました

クロエ様には聖剣 颶風騎士ラファエル
雷霆ラミエルの弓
座天使ソロネの聖槍
颶風騎士は黄緑ベースで水色と銀が混じってる
雷霆は黄色ベースで水色と紫が混じってる
座天使は金色ベースに白と銀と水色が混じってる
といった皆様の能力似合った武器を作っていました。
他にもいろんな種類の武器を作っていてすごいと思いました。さすがシャル様ですね


シャル様が8歳になったある日シャル様が私とユキノを自分の部屋に入れてお願いをしてきました
私達はシャル様にはたくさんお世話になったのでそれくらいはよかったのですが申し訳なさそうに

「2人の血を分けてもらえないかな?
無性に首筋を噛みたくって昨日から仕方が無いんだ」

私達はすぐにもちろんですといいシャル様に首を傾けました
シャル様は生き良いよく私の首から血を採ったあとユキノも同じようにしてシャル様は

「ありがとう
…あとまた貰うね」

と言ってくださいましたシャル様に初めて頼られて私達は凄く嬉しかったです!

これからもシャル様に頼られるようにがんばります!

「吸血鬼転生者は異世界で好きなように過ごすようです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く