話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

吸血鬼転生者は異世界で好きなように過ごすようです

折紙ヨウ

精霊契約2 誘拐

今日は姫様とフローラが昼頃から家に来る!
なんかドキドキしますね。
と言うことでおめかししています。
最近はもう前世のことは考えずに女の子として生きていこうと思っていたんですが……
こう…なんて言うかおめかしなんかしてると少し恥ずかしい気がしますね。
後私は吸血鬼何ですよね?吸血ってしたことないんですけど…イメージと違うんですかね。

「シャロおっはよーっと」
「ルーシーおはよう」
「「シャル様おはようございます!」」
「おはようクー、ユキ
メイドが板に付いてきたね」
「ありがとうございます!」
「シャル様本当!
やったー」

この2人と言うかフランたちもなんだけど
もう奴隷から開放したんだけど4人ともうちにいることになっている。
あとシリカがノアの専属
クーユキが私とクロエの専属になった
フランは最近お父様とお母様達の秘書的なことをするようになった。


「そう言えば…朝暇だ。」

フローラとティナが来るのは昼頃からだしクロエはコヨミとルーシーとクーとユキ達と遊びに行ったしお父様はその付き添いに行ったから……
暇………
庭にでも行こ

「ねぇ君ちょっといい?」
「人の家に勝手に入ったらぁって
精霊かならしかたらいからいいや
で何か?」
「いやね君の魔力が強いし気に入ってね 
「ちょっといい?」」

これは僕と契〇して〇法〇女になってよってやつでは・っと冗談はさておき

「私は他の子と契約してるんだけど2人も契約しても大丈夫なの?」
「あぁ知ってるよ
大丈夫だよ。気にする子もいるみたいだけどあの子も私も気にしないし
で契約してくれる?。」
「いいよ」
「じゃあ名前決めて」
「その前に君がなんの精霊か聞いてもいい?」
「ん?あぁ私は光と聖の精霊だよ!」

光と聖か…ぅうん~どっちにしようかなー
よし!

「アーサーで」
「何それかっこいい名前だね!
分かった。私の名前はアーサーこれからよろしく♪

「私はシャルロッテ・リ・クレア
好きに呼んでねよろしく。」

精霊と契約したらステータスが上がるっぽいから見てみようかな


聖属性魔法がLv.9になった!
それに水属性魔法がLv.8
あと鍛冶スキルが何故かLv.6になってた
鍛冶はしたいので別にいいけどなんで上がったんだろ?まいっか。
それより面白い技考えちゃった♪





アーサーと技の練習とお話をしていたら昼になってたんだけどなかなか2人が来ない何でだろう?

「シャル様!」
「どうしたの?クー」
「い、今連絡が入ってフローラ様とティナ様が誘拐されたそうです!」
「え?」

私の初めての友達を?初めて家に呼んだ日に?
ふざけんなよ
今助けるからな

「クー僕行くから、
みんなに伝えといて」

『雷神神速』

雷神神速は雷を纏ってスピードと攻撃力を底上げするけど今回はスピードだけ底上げした
僕の作った能力だ

「アーサー、ルーシー行くよ」
「うん」
「りょーかい」

「何人いる?」
「「118人だね」」
「分かった」

『英装展開アーサー・ペンドラゴン』

英装展開は英雄の見た目を再現して全能力の底上げと各英雄の武器の特徴を各属性で再現して………とにかく色々と強くなっている
アーサー・ペンドラゴンは聖属性

『我が能力は最強の剣なり
                                聖剣エクスキャリバー』

「「「「「「「「「「ウア゛ア゛ア゛ア゛ア゛」」」」」」」」」」

「何人減った?」
「えっと60ちょいだね」

これ結構キツイ!

『聖剣エクスキャリバー』

「あと何人!」
「あと5人です!」

「吸血鬼転生者は異世界で好きなように過ごすようです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く