吸血鬼転生者は異世界で好きなように過ごすようです

折紙ヨウ

幼少期2 精霊契約

主観???

「家おっきー!
今度こそ私を満足してくれるかな♪」

彼女はゆっくりと屋敷の中にそして窓からシャルロッテが寝ている部屋に入っていった。

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

「おーい!
おーきーてー!!」

なんか声が聞こえる?
まだメイドさんが来る時間じゃないけどな
……よし!起きるか。

「ふぁ~
僕ににゃにかゃようでしゅか。」
って言ってみたけどまだ喋れないんだよね。
「そう!
君に用があるの!」

?なんか話通じてる何で?
「私は精霊だからね♪」
「そうなんだ、僕になにかよう?」
「そうだよ!
私と契約してくれない?」
「……契約?
何それ美味しいの?」
「食べるの!?」
「いや冗談だよ。
で契約って何?」
「契約っ言うのは……
えーっと……私が君に力を与えて私は君と一緒にいる。
みたいな」
「うん……まあいいや、契約するよ。」
「いいの?
やったー♪」
なんか小さくてかわいい精霊が起きたら目の前にいた。から何用かと思ったら契約してって言われたよ。楽しそうだししたけどね。

「僕の名前はシャルロッテ・リ・クレア
君の名前は?」
「名前主がきめてよ!」
「名前が無いの?」
「精霊としての名前はあるけど忘れちゃったし
主に名前つけてもらった方が嬉しいからね♪」
「……ん、わかった。
えーっと君の名前は、ルーシー
にしよう!どうかな?」
「うん!なんか綺麗な感じで私好きかもー♪」
「じゃあよろしくねルーシー。」
「シャロもよろしく。」

ルーシーと話してたらメイドさんが来て驚いてたよ
シャルロッテ様が精霊と話してる!
って面白かったけどアリシアさんとお父さんに呼ばれたよ何のようだろ?
「私のことじゃないなー」
「そうなの?」
「精霊契約は珍しいからねー」

納得してしまった、まぁいいやとにかくお父さんたちに喋っても聞こえないだろうしルーシーに話してもらおう

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

主観:アリシア・リ・クレア

私達はとても仲が良かったリースちゃんやビクトリアちゃんとちょうど似たタイミングで子供が出来て良かったですわねと話していた。

でもリースちゃんは子供を生んですぐに死んでしまった。リースちゃんからそうなるかもとは聞いていたけれど本当になるとは思わなかったからすごく悲しかった。それと同時にシャルロッテは私が育て上げると誓ったわ!
それから3ヶ月ほど経って私の子供もちょうど1ヶ月目になった頃シャルロッテはものすごいことをしたわ。
なんと精霊とお話をしていたらしいのよ!
今から将来が楽しみだわ!
今からシャルロッテの話を聞くけど本当にリースちゃんそっくりだわ。
そうじゃなくて精霊の話を聞かないと

「あなたは何の精霊でどうしてシャルロッテと話していたのかしら?」

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

話が始まったなんかドキドキするなー
何の話かな~

「あなたは何の精霊でどうしてシャルロッテと話していたのかしら?」
「えーっと私は雷の精霊でシャロと話してたのは彼女と契約するためよ!」

「シャルロッテと契約はしたのかしら?」
「したよ。ちゃんと名前ももらったし彼女は凄いね魔力が膨大にあるよ」
「彼女が吸血鬼だと知った上で契約したと?」
「そうだね」
「そうですか……
彼女の母はもう死んでしまったので私が母親になろうと思っていますが
彼女を守ってくださいね」

アリシアさん!
お母さんって呼んだ方がいいのだろうか?
なんかアリシアお母さん…とルーシー仲良くなったし今日はもう寝ようかな。






僕は1歳になった少しぎこちないけど喋れるようになったし歩けるようにもなった
あとビクトリア様の赤ちゃんが生まれた男の子だ
名前はノア・リ・クレア
なんと猫耳なのだ!かわいい

クロエもたてるようになったしルル兄様も優しいから楽しく過ごせそうだ
それとルル兄様が剣術を始めたよカッコイイね!
ルル兄様は剣士の才能があるらしく剣術を使えるようになれば王国騎士にもなれるとか
凄いね!
あとクロエとノアが可愛い

「吸血鬼転生者は異世界で好きなように過ごすようです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く