話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

88の星座精鋭(メテオ・プラネット)

果実夢想

鳴神紅葉

Q.1:お名前をフルネームでどうぞ。
   A:鳴神なるかみ紅葉もみじよ。

 Q.2:性別は?
   A:女。

 Q.3:年齢は?
   A:16。

 Q.4:血液型は?
   A:A。

 Q.5:誕生日はいつ?
   A:6月5日。

 Q.6:身長は?
   A:156くらいかな。

 Q.7:体重は?
   A:45前後。

 Q.8:スリーサイズを教えてください。
   A:は、はあっ!? 言えるわけないじゃない!

 Q.9:所属しているクラスは何ですか?
   A:紅組。

 Q.10:出身はどこですか?
   A:日本よ。

 Q.11:家族構成を教えてください。
   A:妹、母、父。

 Q.12:部屋は片付いているほうですか?
   A:当然よ。

 Q.13:自分のことを何と呼びますか?
   A:あたし。

 Q.14:目の前にいる人のことは何と呼びますか?
   A:あんた、とか。

 Q.15:三人称の呼び方は?
   A:下の名前を呼び捨てたり、下の名前にくんとかさんを付けたりするわ。

 Q.16:好きな食べ物は?
   A:プリン。

 Q.17:嫌いな食べ物は?
   A:ピーマン。

 Q.18:得意なことは何ですか?
   A:テニス。

 Q.19:苦手なことは何ですか?
   A:……さあ。

 Q.20:自分の長所は何だと思いますか?
   A:知らないわよ。

 Q.21:また、自分の短所は何だと思いますか?
   A:ん、んー……何かしら。

 Q.22:趣味は何ですか?
   A:特にないわ。

 Q.23:秘密にしていることは何ですか?
   A:昔は、今のあたしと比べて全然違う感じだったわね。大人しいというか、根暗……みたいな? 別に秘密にしているわけじゃないんだけどね。

 Q.24:癖はありますか?
   A:どうなのかしら。

 Q.25:また、口癖はありますか?
   A:ないわ。

 Q.26:初恋はいつですか?
   A:え、えーと……小三くらい?

 Q.27:夢や目標はありますか?
   A:……あるわ。言えないけど。

 Q.28:好みのタイプは?
   A:優しい人。

 Q.29:嫌いなタイプは?
   A:思いやりがない人。

 Q.30:あなたは、何フェチですか?
   A:腕?

 Q.31:今、一番欲しいものは?
   A:今は、特にないわね。

 Q.32:好きな言葉を教えてください。
   A:庭球ていきゅう

 Q.33:自分はツッコミ、ボケのどちらだと思いますか?
   A:ツッコミ。

 Q.34:体は丈夫なほうですか?
   A:まあ、それなりにはね。

 Q.35:暑さと寒さではどちらがいいですか?
   A:寒さ。

 Q.36:好きなスポーツは何ですか?
   A:テニス。

 Q.37:毎日の睡眠時間はどれくらいですか?
   A:五時間くらいかしら。

 Q.38:100m走は何秒くらいで走れますか?
   A:12秒とか、13秒とかだったかな。

 Q.39:自分はSだと思いますか? それともMだと思いますか?
   A:知らないわよ。

 Q.40:自分は「努力型」か「天才型」か、どちらだと思いますか?
   A:努力型ね。

 Q.41:家事はしますか?
   A.するわよ。

 Q.42:体を洗うときは、どこから洗いますか?
   A:あ、脚。

 Q.43:神は信じますか?
   A:信じない。

 Q.44:理想の死に方は何ですか?
   A:考えたことないわ。

 Q.45:周囲の環境について一言。
   A:八十八人もいるからよかったけど、一人とか二人だったら不安でしょうがなかったと思うわ。ま、人数が多いからこそ起きる争いもあるわけだけどね。

 Q.46:自分が与えられた星座は何ですか?
   A:んーと、まだ秘密。

 Q.47:自分の能力は、どういうものですか?
   A:楽しみにしておいてね。

 Q.48:自分に声優を当てるとしたら、誰だと思いますか?
   A:伊藤かな恵。

 Q.49:他のキャラに一言。
   A:せっかく同じような仲間たちが集まってるんだから、みんな仲良くね。

 Q.50:作者に一言。
   A:これ、今後もっとシリアスになりそうね……。

―――――他のキャラのコメント―――――
ウィルム「鳴神って、テニス上手うめえのか?」
吹雪「ああ。中学の頃テニス部だったんだけど、エースだったらしいぞ」
ウィルム「そりゃすげーな」
三冬「この女が、お兄ちゃんの幼馴染み……?」
吹雪「そ、そうだけど?」
三冬「むう……大丈夫だもん。お兄ちゃんの全ては、ふゆのものだし」
吹雪「お前は何言ってんだ」
三冬「はっ! 幼馴染みってことは、小学生の頃から知り合いなんだよね?」
吹雪「そうだな。初めて会ったのは、小学二年くらいだったっけな」
三冬「じゃあ、小三の頃の初恋の人って、もしかして……お兄ちゃんのことっ!?」
吹雪「はは、ないない。紅葉は俺なんか好きになるようなタイプじゃないって」
三冬「だよねー、よかったー」
小春「……紅葉さんも大変です」

「88の星座精鋭(メテオ・プラネット)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く