88の星座精鋭(メテオ・プラネット)

果実夢想

拉致~その正体は~

 突然、俺の目の前で小春が姿を消して。
 更に「妹は預からせてもらった。返してほしければ、今すぐにトレーニングルームに来い」と書かれた紙が落ちてきた。

 これは――見紛うことなく、拉致だ。

 しかも、その犯行は他でもない俺の目前で行われた。
 手段、動機、正体……そんなことを気にしている余裕など、疾うにない。

 ただ、俺の大切な妹が拉致されたという事実が頭の中を支配する。
 どうすればいい。どうすれば、小春を助けることができる。
 その答えは――ちゃんと、ここに書いてあるじゃないか。

「……おにいちゃん。もしかして、行くつもりなの?」

 俺を見上げて、三冬が問いかけてくる。
 さすがというべきか、俺が何を考えているのか表情で察してしまったようだ。

「当たり前だろ。すぐに行かないと、小春が危ない」

 三冬に答えながら、急いでトレーニングルームに向かって駆け出そう――として。
 不意に、後ろから右腕を掴まれた。
 振り向くと、三冬が上目遣いで俺をじっと見ている。

「……離してくれ、三冬」

「嫌だよ」

 三冬は、更に強い力で俺の腕を掴む。
 とはいえ、三冬は十四歳の女の子だ。俺の力なら、簡単に振りほどくことができるだろう。

 だけど、そうしなかったのは。
 三冬が、訴えてきていたからだ。
 いつもの明るくて朗らかな様相からは想像できないほど、真剣な表情で――尚且つ、今にも泣いてしまいそうな瞳で。

「どんな罠があるか分からないじゃん。だから、危険だよっ」

 小春を攫ったような、危険な人なんだ。しかも、わざわざ俺をトレーニングルームへ来させようとしている。

 何かしらの罠があってもおかしくない。
 いや、むしろ罠があって当然だとも言えるだろう。

 だけど――それがどうした。
 そんなことくらい、小春を見捨てる理由にはならない。

「分かってる。でも、小春は大事な妹だ。小春が危ない目に遭ってるなら、俺はあいつを助けに行く。たとえ――それが無謀な道だったとしても」

 小春は、大事な妹だから。
 あいつを助ける理由なんて、それだけで充分だろう。

「そんなに、大事なの? ふゆのことより?」

「こんなときに何言ってんだよ……っ」

「ふゆは、小春ちゃんのこと嫌いだった。ううん、今でも嫌い。お兄ちゃんが、小春ちゃんのことを命懸けで助けようとしているのは……なんか、嫌だ。でも――もし、攫われたのが小春ちゃんじゃなくてふゆだったらよかったのに……って思っちゃう自分が、もっと嫌だ」

 俯いた三冬の口から、本音が発せられる。

 俺のことを慕ってくれているのは知っていた。
 小春のことを、よく思っていないのも知っていた。

 だけど今そんなことを言ってくるということは、三冬は反対なのだろうか。
 俺が、小春を助けに行くことを。
 そう思っていると、三冬は意を決したように、その言葉を放つ。

「けどね。見捨てるのも、もっと嫌だから。だから――ふゆも一緒に行くよ。小春ちゃんを、助けに」

「三冬……」

 驚いた。
 三冬は小春のことを嫌っていたから、まさかそんなことを言ってくるなんて思わなかった。

 いや、三冬だって仲間を見捨てるほど悪い子じゃない。
 それは、俺も分かっていたはずだ。
 だから――。

「ああ。じゃあ行くか、あいつのところに」

「うんっ!」

 俺と三冬は、トレーニングルームへ向かって駆け出した。

     §

 やがて、トレーニングルームに到着した。
 でもすぐには中に入らず、外から中の様子を窺う。

「どう? 犯人いた?」

 俺の後ろで、三冬が小声で訊いてくる。
 トレーニングルーム内はかなり広く、その割には障害物が皆無である。なのにも拘らず、犯人と思しき人物は、どこにも見当たらなかった。

 部屋の中心で椅子に座らされ、体と椅子を縄のようなもので拘束されている小春がいるだけだ。

「……どっかに行ってるのかな……?」

 三冬はそう呟いたが、小春を放置してどこかに行くとは思えない。
 ということは、つまり罠だろう。

 おそらく、犯人は見えないようなところに隠れているはずだ。どうやって、どこに隠れているのかは分からないが。
 俺がやって来て、小春が一人だけでいることで油断して部屋の中に入ったときに、奇襲を仕掛けるつもりだとか、そんな魂胆だと思う。

 問題は、ここからどうやって救出するかだ。

「なあ、三冬。お前って、どんな能力なんだ? こういうときに役立つ能力だったりするか?」

「えー? ごめんね、あんまり役には立てないと思うなぁ。戦闘では、ばっちり役に立てるだろうけどねー」

 なるほど、三冬は戦闘系の能力だったか。少し意外かもしれない。
 同じクラスにいる生徒ならまだしも、他のクラスに属している生徒の能力は、あまり把握できていないのだ。

 敵なんていない平和な世の中では、披露する場面など授業中しかないからだ。
 まあ、今俺たちは敵と呼べる人物と戦おうとしているわけだが。

「お兄ちゃん、犯人に心当たりはないの?」

「さあな。手がかりがなさすぎて分からない」

 ワープロで書かれた紙一枚だと、誰が犯人かなど分かるわけがない。
 小春を狙い、俺を呼び出すことで得のある人物となると、尚更だ。
 ただ、俺と小春の共通の知り合いだと思って間違いないだろう。

 そうなると……かなり絞られてくる。
 分からない、と三冬には言ったけど、確信はないものの可能性のある人物を頭の中に思い浮かべていた。

「んー。こんなことしてても、どうにもならないと思うんだけど。イチかバチか、入ってみたほうがいいんじゃない?」

「そう、だな……」

 三冬の提案に、俺は暫し思案する。
 犯人の正体も居場所も分からず、解決策も何もない。
 少々危険だが、行ってみるしかないか。

「あ、そうだ。ふゆが先に様子見てくるよ。囮ってやつだね」

 囮――か。
 三冬を先に行かせ、犯人の様子を見るというのはいいかもしれない。
 しかし、それだとあまりにも三冬が危険だ。

「危ないぞ。囮なら俺が……」

「だーいじょぶだって。ふゆに任せてよ、すぐに小春ちゃん連れて戻ってくるから」

 三冬の能力が凄まじく強力だという可能性もあるが、その可能性に賭けるのは無謀だ。

 小春を救うためとはいえ、三冬を危険な目に遭わせるのも気が引ける。
 迷う俺に、三冬は更に続く。

「じゃあ行ってくるねっ!」

「あ、おい!」

 俺の制止の声も聞かず、三冬は部屋の中に入っていく。
 凄いな、あいつは。俺でも怖くてたまらないというのに、自分から囮になることを提案するなんて。

 もし三冬が危なくなったら、全力で助けに向かおう。
 そう決め、小春に向かって走る三冬の背中を見守る。

「小春ちゃん、助けに来たよっ」

「三冬さん……? だ、だめです、逃げてください!」

 小春が叫ぶが、三冬は構わずに縄をほどこうと試みる。
 よほどキツく縛られているのか、解くのにかなり手こずっているようだ。

「三冬さん、早く逃げてくださいって! じゃないと――ッ」

 小春が、そう叫んだ直後。

「――ッ!?」

 突如として、三冬が腕を押さえてその場に座り込んでしまった。
 何だ……何が起こったというんだ。

 まさか、犯人からの攻撃を受けたのだろうか。
 だが、攻撃らしきものは見えなかった。
 見えない遠距離攻撃――それが犯人の能力だという可能性もあるが、果たして。

 ――トコ、トコ、と。

 ゆっくりとした、足音が聞こえた。
 さっきまで俺たち以外には誰もいなかったはずなのに、この足音は間違いなく別の誰かのものだ。

 座り込んだままの三冬は、首を右方へ向ける。
 部屋の外にいる俺からだと、ちょうど死角になっていて見えないが……そこに、犯人がいるのだろうか。

「やっと来たね……正直、君は呼んでないんだけどなあ」

 そんな、冷淡な男の声がした。
 いつもと声色が異なるが、この声は俺の聞いたことのあるもので。
 確信を抱いたとき、彼は言う。

「そこにいるんだろう? 吹雪、出ておいでよ」

 俺たちが外から様子を窺っていたことは、とっくに気づいていたというのか。
 それなら、これ以上隠れていても仕方がない。

 俺は立ち上がり、トレーニングルームの中へ足を踏み入れる。
 そこに、いたのは――。

「やあ、吹雪。待ってたよ」

「ネイサン……ッ!」

 そう。
 小春と同じクラスで、そのおかげで俺とも仲良くなった男。
 ――ネイサン・マティスだったのだ。

「88の星座精鋭(メテオ・プラネット)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く