88の星座精鋭(メテオ・プラネット)

果実夢想

葛藤~修羅場の果てに~

 翌日の放課後。
 俺は、授業が終わっても教室から出ずに自分の席で考え込んでいた。
 もちろん、昨晩に姉貴から言われたことだ。

 ――ここから逃げて、一人で本土に帰るか。
 ――何が起こるか分からない空星島に滞在し続けるか。

 俺にとっては、究極の二択だ。
 できれば逃げたい。でもそれだと小春や姉貴たちと別れることになってしまう。
 どうすればいいんだ、ちくしょう。

「にぃー、何してるんですかー?」

 ふと、そんな声がしたほうを振り向くと。
 教室の扉のところで、小春が立っていた。
 考え事をしていたせいで、小春を待たせてしまったらしい。
 俺は急いで小春のもとへ向かう。

「ごめん、待ったか?」

「待ったけど、大丈夫です。すごく待ちましたけど、全然気にしてません」

 だめだ、めちゃくちゃ気にしている。拗ねたように唇を尖らせているのが可愛い。

「なにニヤニヤしてるんですか」

「うぇ!? い、いや、何でもない」

 考えていたことが顔に出てしまったのか、小春に半眼で指摘された。
 我が妹が可愛すぎて、つい口角が上がってしまったようだ。俺は悪くない。

 何はともあれ、俺たちは肩を並べて廊下を歩く。
 教室や廊下の光景、窓から見える空星島の景色、そして小春たちとの楽しい会話……。
 俺が一人で本土に帰れば、それら全ては失われてしまう。
 俺は、どうすればいいんだろう。

「……にぃ。どうしたんですか、難しい顔して」

 不意に、小春が俺を見上げて問いかけてきた。
 俺、そんなに考えていたことが表情に出やすいのだろうか。

「何か考え事ですか? わたしでよければ、何でも聞きますよ」

 俺の妹は優しい。俺が悩んでいたりすると、いつでもこうやって話を聞いてくれる。
 だけど、今回はそういうわけにはいかない。

 小春に話せば、絶対に俺を本土に帰すべきだって言うに決まっている。
 自分のことは全く構わずに、俺の安全を確保しようとするに決まっている。
 でも――それじゃだめだ。

「何でもないよ、ありがとな」

 言って、小春の頭を撫でる。
 妹に気を遣われるなんて、自分が情けない。

 小春や姉貴を連れて行けるなら、迷わずに本土に帰るほうを選択しただろう。
 だけど、そうじゃない。あくまで帰ることができるのは、俺だけだ。
 他のみんなは――俺と違って自由に能力を使用できる生徒たちは、この島に必要だから。

 必要のない俺は、帰るべきなのだろうか。
 それが、誰にも迷惑をかけず、誰にも心配されない、一番いい方法なのではないだろうか。
 と、俺の思考を遮るように。

「おにぃぃちゃぁぁぁぁぁんっ!」

 そんな叫びが、後ろから聞こえてきた。
 さすがに声と呼び方だけで、誰なのか分かる。
 ゆっくり背後を振り向く――と。

「やっと見つけたーっ!」

 声の主――鳥待三冬が、俺の首に両腕を回して抱きついてくる。
 距離感がかなり近いのだが、他の男にも同じようなことしてるのだろうか。見たことないけど。

「ちょっと、三冬さん。いい加減、にぃから離れてください!」

 俺に抱きつく三冬を見て、小春が物申した。
 そこでようやく小春もいることに気づいたのか、三冬は一瞬だけ小春を一瞥し、すぐに俺の顔へと視線を戻す。

「……で、おにいちゃん。いつ初えっちする?」

「ちょっと! 無視しないでくださいよっ!」

「あ、いたの?」

「いましたよっ! さっき、わたしのほう見ましたよねっ!?」

 小春が怒鳴っても、三冬は意にも介さない。
 馬鹿にしているというか、ただ単に無視しているだけというか。三冬はいつもこういう態度だから、小春や姉貴たちとは未だに仲良くなれていないのだ。
 まあ、三冬は仲良くする気すらないみたいだけど。

「もう、うるさいなぁ。ふゆとおにいちゃんの邪魔しないでよ」

「邪魔ってなんですか! 三冬さんが割り込んできたんじゃないですかっ」

「おにいちゃんは、ふゆだけのおにいちゃんだもんねぇ?」

「違いますよっ! にぃは、わたしのにぃです!」

「とらないでよ、泥棒猫」

「誰が泥棒猫ですか! 三冬さんが、わたしからにぃをとってるんじゃないですか!」

「おにいちゃんはね、ふゆと生涯を誓い合ったんだよ。他の女が入り込む余地なんてないの」

「う、嘘言わないでください! にぃは、三冬さんなんか見向きもしてませんから!」

「むっか。そんなことないしっ! ふゆとおにいちゃんは、子作りだってしちゃうんだから!」

「こ、こづ――っ!? い、いいいきなり何言ってるんですか!」

 相変わらず仲の悪い二人である。
 ここまで好かれたり懐かれたりするのは正直物凄く嬉しいのだが、間に挟まれるとどうしたらいいのか分からないから困る。

 アニメの修羅場シーンを見て妬んだこともあったけど、実際に自分が体験すると思っていたより大変だ。
 頼むから、もうちょっと仲良くしてください。ほんとに。

「……お前ら、会う度に喧嘩してないで仲良くしろって」

「無理言わないでよ!」

「できるわけないです!」

 どうやら、それは不可能だったらしい。変なところで息を合わせやがって。
 この二人、前世は犬と猿だったに違いない。

「おにいちゃんは、ふゆのことしか愛してないんだよ! 真実はいつもひとつなんだから! ね、おにいちゃん!」

「……どこのバーローだよ。真実じゃないからな、そんなの」

「まーたまたー、照れちゃってー」

「照れてるわけじゃねえ!」

 やっぱり三冬の相手をしていると猛烈に疲れる。
 さっきまでシリアスな感じで悩んでいたつもりだったのに、三冬が現れた途端に一気にギャグの雰囲気へと変わってしまった。

 でも――げんなりとしつつも、俺は心の中で三冬に感謝していた。

 三冬がこうして明るく元気にしてくれているからこそ、俺も元気をもらっている。
 そうじゃなかったら、きっと今頃深く考え込んでいただろう。元気なんて、出なかったことだろう。

 たとえ無意識だったとしても、三冬のこういうところは素直に好きだった。
 本人に言ったら調子に乗りそうだから、絶対言えないけど。

「むう……にぃは、わたしのにぃなのに……。にぃもにぃです。もっと突き放したらいいじゃないですか」

 小春が唇を尖らせ、今度は俺に抗議してくる。
 三冬とは全然そんな関係じゃないのにも拘らず、いちいち嫉妬する小春が本当に可愛い。

「にぃがそんな態度だから、三冬さんが勘違いして付け上がるんですよっ!」

「勘違いなんかしてないし! っていうか、あんたには関係ないじゃん!」

「関係ありますよ! わたしは、にぃの妹なんですから!」

「でも、実妹でしょ? エロゲじゃないんだから、付き合うことも結婚もできないじゃん。それなのに、おにいちゃんのこと好きなの? 一人の男として?」

「べ、別にそういうわけじゃありませんけど! 男としてとか、そんなわけないじゃないですか!」

「じゃあ、ふゆの邪魔する権利ないよね?」

「あ、あります! 唯一の妹として――」

「だから。ただの妹が、ふゆの恋愛に口を挟んでこないでって言ってるの!」

「む、むうう……っ」

 怖い。女同士の喧嘩、怖い。二人とも幼女のくせに、なんか怖い。
 このままだと、殴り合いに発展しそうだ。小春と三冬は、そんなに粗暴な幼女ではないと信じたいが。

「な、なあ……お前ら、お互いのこと嫌いなのか?」

「大っっっっっ嫌い!!」

「あまり言いたくはありませんけど、嫌いです」

 大変困った。嫌よ嫌よも好きのうちとは言うが、二人の場合は本気で嫌っていそうである。

 どうしよう。簡単に人のことを好きにはなれないし、元々の感情が嫌い寄りならば尚更だ。
 とはいえ、小春と三冬なら仲良くなれそうな気もするんだけどな。ただ、二人とも素直じゃないというか、むしろ正直すぎるというだけで。

 ……でも俺は、小春や三冬とのこういうやり取りも嫌いではなかった。
 正直愉快で、楽しくて、面白くて――そんな風に感じていたせいで、注意力が散漫になってしまっていた。

 だから――気づけなかった。
 俺たちのもとに、確かにひにちじょうとやらが迫ってきていたことに。

「……えっ?」

 不意に、小春が素っ頓狂な声を漏らして。

 俺たちが、訝しむ暇もなく――消滅した。
 瞬時に、跡形もなく。

 つい数瞬前には俺の目の前にいたはずの小春が、まるでテレビの電源を切ったときのように、突如として姿を消してしまった。

「な……こは、る……?」

 愕然として、俺は思わず今にも嗄れてしまいそうな声で名を呼ぶ。
 だけど、それに答えてくれる声などどこにもなかった。
 目の前で起きた事実が理解できなくて。
 ただただ、さっきまで小春が立っていた虚空を見つめるばかり。

「……どこに、行っちゃったの……?」

 俺と同じように、喫驚して三冬が呟く。
 俺には、その問いに答えることなんてできない。当然だ、俺だって知りたいくらいなのだから。

 消えた小春――。

 そこから更に追い打ちをかけるように――上から、一枚の紙が落ちてきた。
 怪訝に思いつつ拾い上げ、そこに書かれていた文字を読んでみる――と。

「んだよ、これ……ッ」

 そんなことをする理由はないだろうけど、これが小春のイタズラならよかった。
 何かのドッキリだったなら、笑って許すことができたのに。
 それなのに――こんなペラペラな一枚の紙ごときに、俺の願いは打ち崩されてしまった。

「なんて書いてあるの?」

 三冬が爪先立ちをして、俺が持っている紙を覗き込む。
 そこに、書かれているのは――。

『貴君の妹君は、預からせてもらった
 返してほしければ、今すぐにトレーニングルームに来い』

 そんな、ワープロ文字だった。

「88の星座精鋭(メテオ・プラネット)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く