88の星座精鋭(メテオ・プラネット)

果実夢想

流星~その名は絶望~

「にぃ! はやく、はやくこっちです!」

 少女が俺の腕を引き、はしゃいだような声をあげる。
 周りには多数の緑が生い茂っていて、歩きにくい道のりを俺たちは歩いていた。
 尚、少女だけは我慢できないとばかりに、今すぐにでも駆け出してしまいそうだったが。

 家からここまでに、数十分は経っただろうか。
 それでもまだ、目的地には到着していない。

「ハル、あんまり急ぐと危ないぞ」

「だいじょぶです! それよりほら、にぃも急いでください!」

 のんびりと歩く俺の腕を、少女は引っ張って早くするようにと急かしてくる。
 実のところ、どこに向かっているのか、何をしに行くのかすら俺は知らない。
 ただ、見せたいものがあると言って、ここまで連れて来られてしまったのだ。

「まだ着かないのか?」

「もうちょっとで――あっ、見えてきましたっ!」

 そこは、街の中に切り立つ崖だった。崖の上は、開けた草原になっている。
 今は夜中だ。下を見下ろせば、家の灯りや電飾などで綺麗な街が見渡せる。
 しかし――俺たちの目線は、下ではなく上に向けられていた。

 そう、空だ。
 夜空には、満天の星が美しく瞬いている。ここからだと、綺麗な月も全貌をあらわにしていて――まさに、絶景だった。

「もしかして、これを見せるために?」

「はいっ! どうですか、綺麗ですよね」

「ああ……そうだな」

 正直、今まで星なんかに興味はなかった。
 だけど、こんな絶景を見せられてしまったら、そんなことも言えなくなってくる。
 本当に綺麗な、星空だった。

「……あ」

 不意に、どっちからともなく声が漏れた。
 さっきまで、ただの星を見ていたはずなのに。
 突然、一筋の光が空を流れていったのだ。

「にぃ! な、流れ星ですよっ! 何を願ったらいいんでしょう!?」

「お、落ち着け。とりあえず願い事を三回だな……ッ」

 流れ星を見たのは初めてで、俺たちはつい慌ててしまう。
 いきなり願い事だなんて思いつくはずもなくて、何も願うことができなかった。
 そうこうしているうちに、流れ星は消え――。

「……あれ?」

 ――なかった。
 それどころかむしろ、徐々に大きくなっている気がする。

「……なあ。あれ、だんだん近づいてきてないか?」

 そう。流れ星は、大きくなっているのではない。
 ――物凄い速度で、ここに向かっているのだ。
 それはさながら、流れ星というよりは隕石のように。

「そ、そんなわけ――っ」

 未だ信じられないという様子で、少女は上を見上げたまま立ち尽くす。
 その脚は、生まれたての小鹿みたいに小刻みに震えていた。
 怖くて当然だ。だから、俺は少女の腕を掴んで叫ぶ。

「おい、危ないって! 早く離れるぞ!」

 しかし、少女は何も答えない。脚が震えるだけでその場から動こうとせず、視点は真っ直ぐ流星いんせきに注がれている。

 昔から星が好きだった少女は、よほどショックだったのだろうか。
 それとも、何か別の理由があって動けないのだろうか。

 残念ながら、そんなことを考えている余裕などうになかった。

「おい、ハル――」

 名前を呼びながら、少女の華奢な腕を引っ張る。
 猛烈に、嫌な予感がした。

 早く逃げないと、大変なことになってしまう。取り返しのつかない運命を辿ってしまう。
 何故だかは分からないが、そんな不確かな未来に対する危惧を抱いていた。
 だから、無理矢理にでも逃げようと、力ずくで少女の腕を引っ張ったのだ。

 だが――俺のそんな行動は、突如聞こえてきた轟音によって制止された。

 ゴゴゴゴゴ……と、耳を劈くような噪音そうおん
 思わず足を止め、ふと上を見る。
 先ほどの流星いんせきが、もうすぐそこまで接近していた。

 しかも、驚くべきなのはそれだけじゃなくて。
 落ちてきた星は、一つや二つどころか複数存在していたのだ。
 まるで、複数の星が連なった星座のように。
 まるで、複数の星が落下する流星群のように。

「……な……ぁ……ッ」

 驚愕と恐怖が心の中を支配し、俺は声にならない声を漏らす。
 足が竦んで、その場から動くことができなくなってしまう。

 一秒……十秒……どれくらいの時間が経ったのかは分からないが、俺には一瞬に感じられた。
 徐々に、その絶望いんせきは迫ってきて――。

 俺――狭雲さくも吹雪ふぶきと、妹――狭雲さくも小春こはるは。
 あっけないほどに、あっさりと。
 その全ての星に、直撃した。

「88の星座精鋭(メテオ・プラネット)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く