話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ペットより強くないけど何か文句ある?

sterl

プロローグ

 深い森の中を、小さな少年が歩いていた。風に揺れる鮮やかな青い髪に不安気な群青の瞳。5歳程度と思われるその小柄な少年は、暗い森の中を一人で歩いていた。

 少年がふと顔を上げると、他の木々とは比べ物にならないほど大きな木があった。その木を中心に、大きく開けた場所になっていた。暖かな日差しに照らされていた。

 大きな木の根本は、小さな窪地になっていた。窪地の中心には、大きな白色の球体が置かれていた。楕円形の卵のような形だった。

 少年は、身の丈程もあるその球体を抱き抱えた。抱き抱えたその球体からは、微かな温もりが感じられた。少年は安心したのか、深いまどろみに落ちていった。


 少年のすぐそばに、何かの影が降り立った。


 ――翌日の朝少年は、少年の住む村の近くで何かの卵を抱えた状態で見つかったという。

「ペットより強くないけど何か文句ある?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く