話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

遅熟のコニカ

紙尾鮪

54「アイトフェイリー」

 何を言っているかは、分からない。
 しかし、理解はせずとも、何を言ったか分かった。

 死のお

 揺れていた。
 もし、金髪の子供に認められなければ、生きる意味など、あるのだろうか、その疑問が、ただの疑問が、ほとんど確定事項のようになり、そして、誘われるままに、首吊り台に、上がる。
 無気力に、やる気もなく。

 マスクを着けていたグラブは、立っていた。
 よろよろと、赤子のように、近付き、笑う。
   彫刻のように、堀の深く笑う。

 目は、笑うことなく、ただ、一点に、楽しそうに、コニカの顔を覗く。
 獲物を食らうのを躊躇、いやなんとなく、やめ、そして、一瞬の間を持って、ただの行為の物を、遊びにも近いものを、グラブは今している。

 「いおぉお?」
 再び、誘われ、惑わされ、耳に響く。
 その声が、耳を食み、嬲る。

 鎖は巻き付いた。
 後は、どう締め付けるか、どう引き寄せるか。

 「やだ……いやだ……捨てられたくない」
 コニカは、すがるように、寄生するように、寄生する宿主などいないのに。

 「捨てられるのが嫌だったら、捨てればいいんだよ、自分で」
  仁王立ちで、地面を踏むグラブが、言う。

 「どうせ、次はあるんだから、捨てようよ、最近流行りの断捨離だよ」
 下から見上げるように、地面に横たわったグラブが言う。

 「あの子が待っているよ。行ってあげな」
 コニカの背後にいるグラブが、心を折るために言った。
 叩けば、折れる、そんな簡単な話な訳がない。
 時に、叩けば直され、補強される。

 胸骨への一打。

 衝撃が、内蔵を通り、揺らし、体外にへと放つ。

 そして、顔を、斬る。

 グラブを、斬る。斬る。斬る。
 忘れていた事を、今思い出した。
 斬れば、血が出る。剣が濡れる。

 簡単な話。

 殺し、糧を使い、贄を捧げ、金髪の子供を呼ぶ。

 神に近い。

 金髪の子供は、神だ。女神だ。

 コニカにとって。

 教徒は、いつも、女神の事を考えなければならない。
 忘れていたならば、その事を無くす程に、熱信すればいい。

 糧を捧げよう。贄を使おう。

 私は、金髪の子供の元へ。

 やめろ。声がした。

 やめる筈もない。
 案山子を殺す。
 動かないのであれば、殺し易い。

 上手く歩けない物ほど、酷く簡単な的はない。

 「なぁグラブ、殺すぞ」
 剣を、喉元にへと突き付け脅す。
 ハッタリでも、ブラフでも、何でもない。
 本当に殺す気だった。

 「おおえ」
 引くことも、逃れる事もなく、小刻みに震えながら、立っている。
 今直ぐにも折れそうな、細い足が、辛うじて、地面と体を離している。

 「あぁ、分かるよ。了解」
 右目を、刺した。
 まだ目は笑っている。
 水平に、斬る。

 骨が、易く、柔く、脆くも、断たれ、そして、開く。
 球体が、ポロっとこぼれ、嘴に沿って、地面に落ちる。

 「……光栄に思え」
 血の赤が、白目を染めて、地面を接写している。
 グラブが、抵抗もせず、笑いながら死んだのは、抗おうと死ぬと思ったからか、もしくは。

 コニカは、思い出していた。

 凡百の天才など、非凡に過ぎない。

 グラブが、いつか言った言葉。

 その時は、自分以外の天才など、凡人に過ぎず、自分は素晴らしい存在だ、などと言う自分を賞賛する言葉だと、コニカは、思っていた。
 真意は。

 違う。


 コニカとヒルコは今、階段をおりている。
 今も気絶している王を背負い、アンパイアを先頭に、暗く、埃が被り、削れた石階段を、歩く。

 照明も少ないその階段は、華やかな先程の部屋とは違うのは、この先にある部屋が、光の当たらないような、影に同化している存在であろうと。

 使っていないのか、使わないのか。

 「コニカ、あの同僚とやら、本当に良かったのか」
 少し湿った壁に手を当てながら、ヒルコは一段、一段、降りていく。
 目の前に立つ、アンパイアに苛立ちを覚えつつも、背後のコニカに幸福感を得つついる。

 「……ん、あぁそうだな、別にこれといった。それより、ちゃんと持ってきているんだろうな」
 幾百と、グラブを殺し、若干、グラブを殺したという実感が薄れていた。
 何故、幾百もいるのか、その疑問に気づく事すら止めていたが、今、降りつつも、昇る感覚にコニカは、いた。

 「あぁ、何時でも持ってる」
 黒い鞄を、トントンと叩いて見せる。
 膨らみを持たず、平坦のままの鞄は、本当に何か入っているとは思えない。

 「いつも思うが、その鞄、どういう仕組みなんだ? 遺能か?」
 疑問と、推測を、ヒルコにぶつける、階段は、終わりが近付き、扉が見えかける。

 「ん、あぁ、うんそうだな遺能だ。これはだな」
 説明をしようとした時、アンパイアが、扉を空けた。
 説明途中に遮られた苛立ちからか、石階段の破片を、アンパイアに投げた。
 石は、部屋の中にへと入っていく。

 「……殺せ」
 王が、コニカに背負われたまま、言った。
 いつから気がついていたのか、分からないが、この部屋に、何かあることを裏付ける。

 「あの子を生き返らせたら、殺す」

 「叶わない夢ほど、酷な現実はない。引き返せ」
 王は、殺される事など、どうでもよく、諭すように、コニカに引き返すように言う。

 それにコニカは何かを思う。

 「何があると言うんだ」
 
 「知らない幸せもある」

 「言え、帝国の王よ、貴様は我輩達に負けたのだ。従うべきだろう」
 王を、責めるように、コニカとヒルコは、真相を問う。
 ただ、王は屈せず。

 「知りたければ、見ろ。後悔はする。桃源郷などない。いつもあるのは、ヘドロの上に立つ、骨で出来た滑稽な墓標。私はそんな物は見たくはない」
 コニカは、部屋にへと、入った。
 王の話が聴こえていなかった訳ではない。
 それを見ようと、あの子と会えるのならば、と思った。

 「これは……なんだ」

 「何って……Eiアイだ、Ei」

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く