話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

闇夜の世界と消滅者

三浦涼桜

二十九話 阿賀崎 黑葉 1

 戀は、少女から聞いた名に、驚きを隠せずにいた。
「何か知っているのですか?」
 戀の反応に、イルディーナは戀には心当たりがあるのだろうと見当をつける。
 戀はイルディーナの問いに答えず、戀はイリヤに問う。

「お前は何時………封印されたんだ………?」
 戀の問いに、イリヤは恐る恐るといった風に答える。
「ちょ、ちょうどご、五年前……」
「ッ!」
 戀は鋭く息をのむ。

 五年前。戀が十一歳のときだ。そして戀の許嫁、黑葉の命日・・の日と重なる。
 戀の反応を見て、鈴音とイルディーナは心配そうな顔をしている。
 やがて鈴音が意を決したように戀に問うた。
「あの、兄様。黑葉とはいったい誰なのですか?」
 鈴音の問いに、戀は少し考えるそぶりを見せると、答えた。
「生徒会長はともかく、鈴音。お前なら知っているはずだ」
「?」
 鈴音がわからないという風に首をかしげる。
阿賀崎あがさき黑葉。阿賀崎家の次女であり、三觜島家次男の俺と婚約関係……許嫁とされていた子供。いや、お前にはメルガリア特殊諜報部隊――ライバースNo.4【無色者ノーカラー】のクロハという名前のほうが通じるか?」
「!?」

 戀が言った言葉に、鈴音は絶句する。
 それも当然だろう。
 メルガリア三大謎のうちの一つである諜報機関――ライバース。
 その中でも、No.4【無色者ノーカラー】のクロハの話は有名である。
 曰く、誰も素顔を見たことがない。
 曰く、気配を感じることができない
 曰く、その素性は一切不明で、年齢でさえ偽造されているなど。
 ほかにもクロハの伝説はあり、その存在そのものを否定する者もいるのだとか。
「では、兄様は【無色】の素顔を知っていらっしゃるのですか?」
「ああ、よく知っている。この際だ、なぜ俺が驚いているのか教えてやるよ」
 戀は棺桶の淵に座り、遠い過去を見つめるような目で語り始めた――――――――――



 戀が初めて黑葉とであったのは、戀が七歳の頃だった。
 このころ、戀は親から勘当され、協力関係でつながっていた朱雀院家の家に保護された。
 鈴音は戀が自主的に家出したと思っているようだが、実質的にあれは勘当して自分たちとのつながりを断ちたかったのだろう。
 もちろん朱雀院家でもあまりいい顔はされなかった。主に執事やメイドたちが。

 だが、戀は拾ってもらった朱雀院家に対して感謝はしていた。故に何か手伝いをしたいと申し入れ、その家の警備員として配属され、仕事を与えてもらえるようになった。
 三か月ほどで戀は朱雀院家になじみ込んでいた。その時にはすでに戀を毛嫌いするものはほんのわずかになっており、戀は朱雀院家の次女である朱雀院怜奈の護衛を任せられるようになっていた。
 護衛の仕事について二か月、戀はそこで初めて阿賀崎黑葉に出会うことになる。

「戀よ」
 現在の朱雀院家の当主、朱雀院一真に呼び止められる。
「お呼びでしょうか」
「うむ。近々、おぬしの許嫁を連れてこようかと思っての」
 戀は不思議そうに首をかしげる。あまり外の世界に興味がなく、ただひたすらに護衛の仕事をこなしているだけに、そういった風習のことも知らない。
 もちろんそんなことは重々承知しているようで、一真も戀に対してやさしく諭すように教えてくれる。
「お前は知らないかもしれないが、優秀な子供には将来のお嫁さんとなる人が決まるのだ」
 合っているには合っているのだが、細々として部分では違う。
 まあ、相手は子供なのでこの説明でも問題はないのだが。

「旦那様。私に婚約者は必要ありません」
 戀は一真の発言をばっさり切り捨てる。
 家族から見放された彼は、例え仕事仲間であったとしても心を開いたりはしない。
 朱雀院家や、自分の家族であるはずの三觜島家でも、彼は徹底して自分の心を閉ざしていた。

 しかし、そんなことは一真も重々承知の上なのだろう。彼は説得を続ける。
「君が他人に対して距離を置いているの十分理解しているつもりだ。しかしずっと心を閉ざしているだけでは、君の護衛対象である怜奈を守り抜くことはできないだろう」
 実際には護衛に従事するだけならば、別に心を閉ざしていようが構わないのだが、一真はそれを良しとしないようだ。
「私が許嫁を得たとして、いったい何のメリットがあるのですか?」

 戀は戀で言うことが子供のそれではない。
 普通子供が物事に対してメリットとデメリットを気にするだろうか。
 一真もこれに対して苦笑している。
「ははは。戀君。女性を相手をするということは、紳士としてメリットデメリットを考えないものなのだよ」
 一真は話は終わりだというようにその場を後にする。
「許嫁と会うんだから、ちゃんと礼服を着ていくんだよ」
 そんな捨て台詞をのこしながら。



 一真との話し合いから一週間後。戀は待合室にて許嫁である阿賀崎黑葉を待っていた。
 なんでも、朱雀家も阿賀崎家もお互いの顔合わせをしたいとのことらしい。
 いくらなんでも本人の意思を確認しないで勝手に話を進め過ぎなのではないかとは思うのだが、戀は一言も文句を言わずに待合室で待機している。
 戀の隣には一真も一緒に座っているのだが、約30分くらい前から無言の状態である。

 やがれ一真の精神がマッハで削られていくこと一時間。ついに阿賀崎家の面々が到着した。
「これはこれは遠路はるばるようこそおいでくださいました」
 一真は席を立って丁寧に腰を折る。
 戀もつられて礼をする。
「いやいや、僕と一君の仲じゃないか。そこまで畏まった挨拶は不要だよ」
 阿賀崎家の当主である阿賀崎雄介朗らかに笑いながら言う。隣に立っている女性も微笑をたたえている。
 戀は女性の少し後ろで立っている少女に目を向ける。

 少女は無表情で戀のことを見返している。
 背丈は戀と同じくらい。黒い髪は肩までできれいに切りそろえられ、目元は少し垂れ目。
 十分な美少女ではなかろうか。
「初めまして。君が三觜島戀君でいいのかな?」
 雄介の言葉に戀は静かに頷く。

「一君からこの子の良い婿候補が見つかったと聞いてね。飛んできたんだよ。それに非常に優秀な子が部下になったって自慢してたから、見に来たんだよ」
 雄介の言葉に戀は首をかしげる。
 それから、朱雀院家と阿賀崎家は一時間ほど談笑し、後は許嫁同紙に任せたほうがいいということで客室で二人っきりにされた。

 戀はもともと感情の起伏がほぼないといってもいいくらいになく、同じ年ごとの異性と会話はおろか面と向かってあったこともない。
 一方、黑葉もあまり感情を表に出すことを苦手とする人間であるため、たとえ二人っきりにされたとしても話すことがない。
 よって、先ほどからずっと沈黙が続き、非常に気まずい空気となっている。

 さすがにこの場の空気に耐えかねたのか、黑葉が戀に向かって口を開く。
「あなたの……名前は……三觜島戀と……いうの?」
 突然の問いかけに首をかしげながらも戀は頷く。
「なのにあなたは……どうして朱雀院家で……働いて……いるの?」

 戀はその問いにどうこたえるか迷った。
 感情の起伏が恐ろしいほどにないといっても、戀だって言葉を選びはするし、空気も読む。
 故に自分の家庭事情を話していいのか迷ったのである。
(まあ、べつにいいか)
 戀も大概である。
「最初に言っておくが、大した話じゃないぞ?」
 戀は先に断りを入れてから、今までのいきさつを話し始めた。


「闇夜の世界と消滅者」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く